02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

インドのマーケティング・ミックスはリーチ、レゾナンス、リアクションで "RRRevs "する

2分で読む|2013年11月

マーケティング担当者は、消費者にメッセージや商品を届けるために、常に変化する市場や需要に対応しなければならない。インドのダイナミックで急速に変化するメディアや小売店では、群衆から際立つという課題はさらに大きくなる。

最近、インドのメディアは細分化され、平均的なインドの消費者は1日に3,000以上のマーケティング・メッセージを目にする。また、モバイルの普及率は急上昇しており、接続性は上昇傾向にあり、買い物客はかつてないほど多くの商品を手に入れることができる。その一方で、インドの経済成長は世界的に見ればまだ力強いものの、鈍化している。インドのニューデリーで開催されたニールセン・コンシューマー360では、業界のリーダーたちが一堂に会し、変化し続ける市場の中でいかに進化していくかを議論した。

ニールセンの「3つのR」フレームワーク(リーチ、レゾナンス、リアクション)は、広告キャンペーンを評価する効果的な方法である。リーチは、キャンペーンが適切であったかどうか、つまり意図したオーディエンスに届いたかどうかを測定する。Resonance(共鳴)は、キャンペーンのメッセージが視聴者に影響を与えたかどうかを判断します。リアクションは、消費者が広告を見た後に何をしたか-キャンペーンが購買決定に影響を与えたか-を見る。

インドのマーケターはこれらの戦略をどのように応用できるのか?

プランニング インド全土で流通戦略を展開する場合、適切な店舗にリーチすることが重要である。インドの都市部では、800 万の FMCG 小売店舗のうち、230 万店舗が売上の 80%を占めている。インドの農村部では、60 万の村にある店舗の 11%が売上の 60%を占めている。

ニールセンの調査によると、世界のメディアにおいて、広告の最初の7秒間は消費者の注意を引くために最も重要であり、ブランドに対する消費者の評価を15%から20%高めることができる。インドの消費者は1日に3,000通ものマーケティング・メッセージにさらされているため、最適な広告頻度も最も重要だ。従来の常識に反して、広告の出稿回数が多すぎると効果が落ちることがある。実際、ニールセンが評価した広告キャンペーンのうち、回数を増やすことで実際に効果があったのは15%にすぎなかった。

ブランドがインドで際立つためには、小売企業は、人生のささやかな贅沢の瞬間を活用したいという消費者の願望に訴えかけ、顧客がどのように買い物をするのかを把握する必要がある。店頭でのプロモーションやお買い得商品は、長い間好まれてきた戦略だが、それには理由がある。インドの買い物客の半数は、販促品を探している。しかし、この市場ではプレミアム化も重要で、40%がアップグレードされた商品を積極的に求めると答えている。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。