本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ・ゲーム

ウォーク・ザ・ブラーンド・ラインズカントリーミュージックのクロスオーバーな人気

2分で読めるシリーズ|2014年10月

テイラー・スウィフトのニューアルバム『1989』は、初週末までに100万枚を売り上げる勢いだ。このアルバムは、この若いアーティストにとって大きなニュースであり、特に、何年にもわたってカントリーミュージックというジャンルの境界線を曖昧にしてきた彼女の作品にとって、ポップスへの正式なクロスオーバーを意味するものです。また、彼女はますます孤独ではなくなってきています。ケニー・チェズニーやキース・アーバンなどカントリーのスターにヒット曲を提供したサム・ハントは、デビューアルバム『Montevallo』から最初のヒット曲「Leave the Night On」がビルボードの トップ100シングルチャートにランクインしています。そして、音楽は両輪で渡り合っている。2014年11月5日のCMAアワードのテレビ放送では、ポップスターのアリアナ・グランデとメーガン・トレイナーのパフォーマンスが予定されています。

カントリーのクロスオーバーな魅力は決して新しいものではなく、過去50年の間に何度もポップ・チャートにカントリー・ツァングが登場しました。しかし、最近では、ラップやヒップホップなど、今日のチャートの上位を占める他のジャンルの影響を受けた新世代のファンが、カントリーとポップのハイブリッド音楽を反映しているのです。

現在のポップミュージックのファン層(44歳以下の女性や若年層が多い)と同様に、現在のカントリーミュージックのリスナーも若い人が多い。キャリー・アンダーウッド、ラスカル・フラッツ、テイラー・スウィフトのようなアーティストのファンを含む現代のカントリーミュージック聴衆は、49歳以下の女性に偏っています。一方、ミレニアル世代の男性は、Brad Paisley、Kenny Chesney、Zac Brown Bandなどのアーティストによる伝統的なカントリーミュージックを、一般層よりも多く聴いています。ラジオでは、カントリーの忠実なリスナーも若い世代に偏っています。ミレニアル世代(18歳~34歳)とジェネレーションX世代(35歳~49歳)の間では、全米でトップのフォーマットとなっています。また、ティーンエイジャー(12-17歳)の視聴者シェアは、過去2年間で17%増加しています。

それでも、カントリーミュージックは大衆的な魅力を持っている。ブーマー(50〜64歳)の間では、ニュース/トークラジオに次いで2番目に人気のある全国的なフォーマットです。その結果、カントリーミュージックとポップミュージックのクロスオーバーの魅力が、典型的な聴衆の枠を越えて音楽を広げているのです。

若い聴衆が増え、カントリーミュージックの人気は高まっています。カントリーは米国でNo.1のフォーマット・ラジオ・ジャンルで、その聴取者数は2006年から17%増加しています。2014年春の時点で全聴取の15.2%のシェアがあり、米国では毎週6970万人のリスナーがカントリーラジオを聴いていることになる。

では、マーケティング担当者は、この拡大しつつも多様化するリスナー層にどのようにアプローチすればよいのでしょうか。

NielsenのAudience Insights Report on Country Musicによると、人口動態の変化にもかかわらず、カントリーミュージックファンは、彼らのルーツであるオールアメリカンな選択を貫いています。カントリーミュージックのリスナーは、購入するジーンズ、食べるスナック、運転する車など、どれをとっても、国産ブランドを購入します。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける