本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

音楽は今も私たちの人生のサウンドトラック

2分で読めるシリーズ|2015年9月

テクノロジーと断片化によってメディア消費の形が変わりつつある中、音楽は依然として私たちの生活の重要な部分を占めています。車の中でも、仕事中でも、ワークアウト中でも、ネットサーフィン中でも、私たちは音楽を聴くのが大好きです。ニールセンによる 米国の音楽リスナーに関する4回目の年次調査「Music 360 2015」レポートによると、国民の91%が音楽を聴き、毎週24時間以上、お気に入りの曲に耳を傾けていることが明らかになりました。総聴取数は昨年とほぼ同じですが、音楽へのアクセスや関わり方は変化しています。

レポートデータを見ると、75%のアメリカ人が典型的な週にオンラインで音楽を聴いており、昨年から12%近く増加しています。そして、オンライン聴取のトレンドは、オンデマンド聴取の習慣に大きな影響を及ぼしています。2014年にアメリカ人がオーディオとビデオのプラットフォームでストリーミングしたオンデマンドトラックは1640億曲以上でしたが、2015年の上半期だけでは1350億曲で、昨年の同時期から90%以上増加しています。そして、私たちの音楽鑑賞はデジタル化が進むだけでなく、モバイル化も進んでいます。実際、典型的な週にスマートフォンを使って音楽を聴いていると回答した人は44%で、昨年より7%増加している一方で、デスクトップコンピューターで聴く人は減っています。

米国では、ラジオが引き続き音楽発見の第一の情報源となっており、回答者の61%が、ニールセンについて 新しい音楽を AM/FM または衛星ラジオから知ると答えており、昨年より7%増加しています。また、特に10代の若者にとっては、口コミも重要です。家族や友人を通じて新しい音楽を発見すると答えた人は65%で、平均の45%を大きく上回っています。

また、アメリカ人はライブイベントで音楽を発見することが多くなっています。ライブイベントを通じて音楽を発見すると答えた人は12%で、昨年より70%以上増加しています。アメリカ人はライブイベントに夢中で、今では毎年、音楽関連支出の半分以上をライブイベントに費やしておりアメリカ人の50%が昨年、ライブイベントに参加したと答えています。そして、フェスティバルのない音楽年はないでしょう。アメリカ人の11%が過去12ヶ月間に音楽フェスティバルに参加したと回答しており、ミレニアル世代が全体の44%を占めています。参加者の多くは、ラインアップに基づいてフェスティバルを選び、ニールセンについて 3分の2は、住んでいる場所からの近さとチケットの価格に基づいて選んでいます。

経済的な理由や距離的な理由でフェスティバルの会場に足を運べない場合でも、経験豊富なファンたちはオンラインでフェスティバルを追いかけ、ブランドスポンサーに「バーチャル参加者」を獲得し、会場を超えた活動を展開する機会を提供しているのです。

その他のインサイトについては、Nielsen Music 360 2015レポートのlite版をダウンロードしてください。