02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

9月のハリケーンでニュースラジオのリーチが急増

2分で読む|2017年10月

今年のハリケーン・シーズンは、大西洋流域で発生した複数の暴風雨が米国内外で話題となり、さまざまな理由でニュースとなった。ニールセンのポータブル・ピープル・メーター(PPM)9月調査は、8月17日から9月13日まで行われ、アメリカの上位48のラジオ市場におけるリスナーの嗜好を追跡した。この期間中、ニュース/トーク局のリスナーが明らかに急増した。

秋にニュース/トークの聴取率が急上昇するのは珍しいことではない。天候が悪化する時期であることに加え、ニュース/トーク・ラジオの聴取者は、最近のサイクルでも見られるように、米大統領選挙の前には必ず増加する。実際、今回の調査でニュース・トーク局(商業・非商業ともに)の聴取者シェアは、大統領選挙前の2012年以降で最高となった。

2012年はハリケーン・サンディもラジオで大きなニュースとなったが、リスナーが急増したのは選挙と同じ11月のPPM調査であった。この2つの出来事のダブルパンチを考えると、2012年11月がPPM測定におけるニュース/トークの聴取者シェアの高水準であることに変わりはないが、今年を通して詳述してきたように、このフォーマットは現政権への強い関心から聴取者を大幅に押し上げた。

今月は、9月調査中にハリケーン「ハービー」と「イルマ」が上陸した:ハービーは調査2週目の8月25日と26日にテキサスに上陸し、ニールセンのPPM市場である同州の4市場(ヒューストン、オースティン、サンアントニオ、ダラス)に直接的・間接的な影響を与えた。イルマはそのわずか2週間後の9月10日にフロリダに上陸し、その後フロリダの5つの異なる市場(マイアミ、ウェストパームビーチ、タンパ、オーランド、ジャクソンビル)に影響を与えた。

それぞれの嵐はユニークであったが、影響を受けた市場すべてに共通することがあった。それは、それぞれのハリケーンが上陸した週に、地元のニュースラジオ局への聴取率が急上昇したことである。避難、洪水、停電、暴風雨による混乱にかかわらず、地元ニュースラジオ局の聴取率は、それぞれの暴風雨が上陸した週に急上昇した。以下のグラフは、各市場のニュース専門ラジオ局(全ニュース、ニュース/トーク、スペイン語ニュース/トーク、商業/非商業問わず)を組み合わせ、特定のハリケーン週とその4週間前を比較したものである。

この記事で使用されているデータは、多文化的な視聴者を含むものである。ヒスパニックの消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

類似の洞察を閲覧し続ける