02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

メディア・ユニバースが拡大する中、広告付きコンテンツは依然として好まれるソースである

3分で読める|2018年3月

今日の消費者は、指先一つであらゆるコンテンツにアクセスできる。しかし、メディアの展望が広がる一方で、消費者が時間を費やすコンテンツのタイプはほぼ一貫している。広告付きコンテンツは、消費者が視聴習慣の大半を占めるメディアであり続けている。

ニールセンのデータによると、2017年の成人のプラットフォーム(テレビ、ラジオ、スマートフォン、ビデオゲーム、タブレットなど)で広告付きコンテンツに費やされた時間の割合は86%で、この数字は過去10年間比較的横ばいだった。消費手段が主にテレビとラジオであった2002年には、広告付きコンテンツが消費者の消費時間の89%を占めていた。

これらの統計は、時間の経過とともにさまざまなデバイスが利用可能になり、メディアを利用する時間が全体的に大幅に増加していることを考慮すると、さらに重要な意味を持つ。より多くのデバイスがメディア・エコシステムに導入される一方で、広告付きコンテンツへのエンゲージメントは歩調を合わせている。

米国では96%の家庭にテレビが設置されているが、他の機器も徐々にユビキタスになりつつある。PCの普及率は鈍化しているものの、これらのデバイスはまだ米国のテレビ家庭の80%に見られる。一方、タブレットとスマートフォンの普及率は、それぞれ64%と89%に急速に伸びている。定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)サービスは、タイムシフト同胞であるDVRの普及率を上回っている。その他の新しいプラットフォームに関しては、ニールセンについて 、家庭の3分の2がテレビにコンテンツをストリーミングできるインターネット接続機器を持っており、これには対応スマートテレビ、マルチメディア機器、ビデオゲーム機が含まれる。

広告付きコンテンツへのエンゲージメントは、これほど多くのデバイスの普及率が高いにもかかわらず好調を維持しているが、その理由のひとつは、消費者がメディアに費やす時間が有限のリソースであり続けていないからである。実際、消費者がメディアに割く時間は拡大しており、2002年から2017年の間に25時間以上増加している。広告付きコンテンツに費やす時間は増加し、全体的な費やす時間と一定の比率を保っている。

2007年第2四半期、成人の平均メディア利用時間は週50時間強だった。2017年第2四半期には、この数字は週75時間以上に増加し、そのうち65時間近くが広告付きプラットフォームに費やされている。2012年第2四半期以降、広告付きテレビ、ラジオ、デジタル・プラットフォームに費やす平均時間は15時間以上伸びており、2017年には30%増加している。2002年第2四半期までさかのぼると、この数字は20時間を超えている。

広告付きメディアの消費は、過去15年間で変化してきたとはいえ、認知が示すよりもはるかに支配的であり、成功を収めている。今日、広告付きコンテンツは、消費者のメディアの味覚が拡大し、消費習慣が膨れ上がる中で、消費の主役であり続けている。このような収益モデルは以前から存在していたが、究極的にダイナミックで断片化された状況に対応する汎用性と適応性を持っているように見える。このメディア消費の新時代により、マーケティング担当者や広告主は、かつてないほど多くの方法で消費者にリーチし、それを容易に行うことができるようになった。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。