本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ポッドキャスト広告の評価

2分で読めるシリーズ|2019年4月号

IABは、ポッドキャスト広告費は2019年に5億ドル以上に達すると予想しており、わずか2年で約65%の成長を遂げています。広告主を求めるポッドキャストにとって、ポッドキャスト広告の効果を示すことは、「あったらいいな」ではなく、すぐに「なければならない」ことです。ポッドキャストのダウンロード数は、広告主がどのポッドキャストが人気かを理解するのに役立ちますが、ブランドマネージャーには、ポッドキャスト広告が消費者に与えている影響を伝えることができません(ニールセンについて )。

大手有名CPGブランドから、進化し続けるテクノロジー分野の新興企業まで、あらゆる広告主がポッドキャスト広告を試行しています。なぜでしょうか?なぜなら、彼らはポッドキャストのリスナーエンゲージメントを積極的にモニターし、その利益を享受しているからです。実際、多くの人気ブランドがポッドキャスト広告のパフォーマンスを追跡しており、トップオブマインドの認知度が69%という驚異的なブランドから、認知度がわずか17%というあまり知られていないブランドまで、さまざまです。

Nielsenが過去18ヶ月間に実施した約50のカスタムスタディのデータに基づき、ポッドキャスト広告は、広告主にとって重要なデータの多くに影響を与えることができることが示されました。ポッドキャスト広告は、認知度の向上、広告想起、エンゲージメント、推奨、購入意思といった主要な目標にプラスの影響を与えることが示されています。

他のメディアとは異なり、ポッドキャストではホストリード・スポット(司会者が読み上げるコマーシャルメッセージ)が非常に一般的です。そしてそのため、ブランドにとって、広告が番組のコンテンツにどれだけうまく織り込まれているかを理解することが重要です。実施した調査によると、Nielsenは、ブランドとポッドキャスターは、ポッドキャストコンテンツに広告をうまく組み込んでいることを発見しました。64%の回答者が、広告がポッドキャストのコンテンツによく合っていると思うことに同意しています。これは、ブランドにとって、視聴者の共感を得られる番組を見つける絶好の機会です。

その他のリソース

メソドロジー

 

NielsenのBranded Content Testing Suiteは、ポッドキャストにおけるブランドスポンサーシップの広告効果を評価する機能を備えています。測定は、ポッドキャストのスポンサーシップの3つの主要な分野に焦点を当てています。

  • 親近感、推奨度、購入意向などの購買ファネル指標
  • 広告の記憶性または想起性
  • コンテンツと広告の両方の属性と認知度

この調査により、Nielsenのポッドキャストクライアントに標準的な平均値を提供するためのPodcast Ad Effectivenessベンチマークを開発することができました。Nielsenのポッドキャスト効果ベンチマークは、非介助リコール、補助リコール、親近感、購入意思、推奨意思、ブランドフィット、コンテンツ評価に関するNielsenの平均値と比較して、個々のキャンペーン効果の方向性を示すガイダンスを提供します。

 

類似のインサイトを閲覧し続ける