本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ・ゲーム

パワー・オブ・ワン:エンドーサーとしてのアスリートたち

2分で読めるシリーズ|2019年9月

メディア過多と広告ブロックの時代にあって、ブランドは、ソーシャルメディアを通じてのメッセージングをセレブリティに依頼することが増えています。しかも、単にスポークスパーソンとしてセレブに依頼するだけではありません。ブランドは、セレブリティに単なるスポークスマンを依頼するだけでなく、セレブリティ自身のパーソナル・ブランドにふさわしい方法でオーディエンスにアプローチできるアンバサダーを探しているのです。

プロスポーツ界では、アスリートとブランドの関係がシームレスに統合され、より測定可能になってきており、多くの場合、従来の単純な製品推奨をはるかに超えたものになってきています。ブランドは、セレブリティが持つリーチ力に注目し、セレブリティは、スポーツをするよりもスポンサーシップを通じて収入を得ることが多くなっています。

テニスシューズやスポーツドリンクから車やクレジットカードまで、ファンはお気に入りのアスリートがソーシャルメディアで推奨する製品やサービスを好んで購入します。しかし、ブランドは、アスリートが予算から外れてしまう前に、適切なインフルエンサーを特定し、彼らを取り込む必要があります。

今回の特別レポートでは、グローバルなスポーツビジネス組織であるLeadersと共同で、ニールセン・スポーツは、世界中の様々なスポーツで活躍する若い世代のアスリートのコマーシャル・エンドースメントのパワーと可能性に注目しました。これらのアスリートは、全員が25歳未満で、選んだスポーツではすでにスターであり、選んだスポーツの枠を超えて、ソーシャルメディア上でブランドに対して幅広くアピールしています。

私たちは、30以上のソーシャル・デジタル・データポイントを考慮したソーシャル・バリュエーション・スコアカードを使用して分析を行いました。このスコアカードは、「Reach」「Relevance」「Resonance」「Return」の4つの柱を軸に構成されています。

4R

類似のインサイトを閲覧し続ける