本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

データベースアップフロンツとメディア状況の変化

1分で読めるシリーズ|2019年4月

第21話

 

毎年春になると、米国のテレビ局は秋シーズンの番組ラインナップを盛大に発表する。アップフロントと呼ばれるこの一連のイベントは、マーケターがテレビ放送の時間を「前もって」、つまり新しいテレビシーズンが始まる数ヶ月前に買うことができる重要な広告販売期間の幕開けとなるものです。

米国では、900 億ドルを超える広告業界にとって、この時期は重要な投資時期となります。数十億ドルが投じられる中、多くのデジタル・プラットフォームを含むさまざまなメディア企業が、ここ数年、この動きに参入することに意欲を燃やしています。

では、アップフロントは関係各社にとってどのような意味を持つのでしょうか。視聴者の視聴習慣の変化は、メディアの売買にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。また、メディアプロバイダーや広告主は、この新しいメディア環境にどのように適応しているのでしょうか。

今回は、ニールセンのグローバルメディア事業のプロダクトリーダーシップ担当SVPであるアマンダ・ターペイとプロダクトマーケティング担当SVPであるアンドレア・リップスタインが、アップフロントの役割とメディア業界全体が米国の視聴習慣の変化にどのように対処しているかについて、それぞれの見解を述べています。

他のエピソードをお探しですか?iTunesGoogle PlayStitcherでデータベースを購読し、メガホンページで過去のエピソードに追いつくことができます。