本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

後方互換性は、ゲーム市場にとって適切な時期に戻ってきました。

6分で読めるシリーズ|2020年9月

新しいゲーム機で前世代のソフトとの後方互換性を確保することは容易ではありません。また、メーカーにとっても、必ずしも経済的なメリットがあるわけではありません。しかし、第8世代以前のゲーム機では、消費者の期待に応えるため、後方互換性が標準となっていました。しかし、第8世代ゲーム機の発売時にこの機能を省いたゲーム機メーカーは、第9世代ゲーム機で後方互換性を復活させようとしており、消費者にとってこれ以上ない好機となっています。 

3月の外出禁止令以降、テレビゲームが注目されるようになりました。映画産業など他のメディアに比べて、パンデミックの影響に耐えることができたのか、ゲーム産業は活況を呈し、エンゲージメントと収益の面で記録的な伸びを記録しています。また、ゲーム以外にも、コンサートや 映画の試写会など、他のメディアにはないユニークな形で人と人とのつながりをもたらしています。人々は、余剰の室内時間を埋めるため、また同時に外の世界とつながるために、より多くの方法を求めており、パンデミックの完璧な嵐は、普及と維持を後押ししているのです。 

しかし皮肉なことに、COVID-19の大流行によって、ゲームソフトの開発サイクルが乱れ、発売が大幅に遅れたり、第9世代ゲーム機のサプライチェーンに影響が出て、通常より入手が困難になったり、消費者の余暇資金が枯渇したりと、業界にとって大きな打撃となりました。

秋が深まり、ゲーマーたちは今年最も期待される秋の新作を心待ちにするわけですが(下記の全リストを参照)、ソフトはこれまで以上に重要な役割を担っているのです。ゲームというメディアは、パンデミックによって人気の波に乗っており、新世代のゲーム機の発売時期がカギを握っています。古い格言にあるように、第一印象を決めるチャンスは二度とないのです。ソニーとマイクロソフトは、新タイトルや定額制の新エコシステム、あるいは資金難の消費者を救う後方互換性など、ゲームユーザーに自社製品を購入するよう確信させるために、できるだけ魅力的なローンチラインアップを設定しようと躍起になっています。

ソニーはこれまでにPS5のローンチに向けて4タイトルを確定させており、そのうち2タイトルはニールセンの2020年秋の最も期待されるゲームリストに入っていた(Marvel's Spider-Man: Miles MoralesDemon's Soulsの新作リメイク)。COVID-19の影響もあって Halo: Infinite が2021年に延期されたことで、Xboxの第9世代機の発売は風前の灯となり、2020年の年末年始にXboxシリーズX/S機の発売を担う最も期待できる新作はCrossfire Xと なった。

しかし、新世代のゲーム機への移行は、現在のゲーム機のユーザーを遠ざけることなく新機種を普及させるという、メーカーにとってすでに困難な課題であり、パンデミックではさらに困難となります。多くの消費者が経済的な影響から立ち直れず、サプライチェーンにも支障をきたしています。そして、ニールセンについて 移行計画はパンデミック発生前に決定されていましたが、パンデミックという状況の中で、消費者にとってさらに幸運なものとなっています。

まず、後方互換性の復活を謳う機器は、多少の安心感を与えてくれます。不況に見舞われたゲーマーは、新しいゲーム機を買う資金がないかもしれない。また、ゲーム機本体を買うだけの資金があっても、それに見合うだけの新しいゲームソフトがない場合もある。後方互換性があれば、当面の間、新しいデバイスで現在のゲーム・ライブラリをプレイすることができ、ゲームによっては解像度のアップグレードの恩恵も受けられます。同様に、今すぐには新しいゲーム機を買えないけれども、少なくともこの年末には今のゲーム機で新しいゲームを楽しみたいという方にも、第8世代機用に今購入したゲームは、第9世代機を購入すればプレイできるようになるという安心感を与えることができます。

ゲームメーカー各社も、この移行を促進するために他の方法で介入しています。マイクロソフトは、特定のゲームについて「スマートデリバリー」プランを提供しており、消費者が今Xbox One版のゲームを購入し、後日ゲーム機をアップグレードするとXbox Series X/S用のバージョンも入手できるようになっています。ソニーは、ソフトウェアアップグレードプランにブランド名を付けていませんが、特定のPS4ゲームの購入者に対しても、後日PS5版への無料アップグレードを提供しています。サードパーティーのソフトウェアメーカーも、このような消費者の苦境をいち早く察知し、ゲームユーザーに直接提供する様々なタイトルについて、世代を超えた無料アップグレードを提供し、ユーザーが第9世代機を手に入れる前に、確実にマーケットシェアを獲得できるよう支援しています。

そして最後に、マイクロソフトはXbox All Accessプランを復活させ、コスト意識の高い消費者に、XboxシリーズX/S、Game Passによるゲームライブラリの利用権、およびそれらのゲームを他のデバイスでストリーミングする機能を、月額24.99ドル(シリーズS)または34.99ドル(シリーズX)の価格で提供します。

重要なのは、COVID-19の流行は、世界的な健康危機をはるかに超えるものだということです。私たちがウイルスと共存してきた6カ月間で、日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼしています。企業、経済、失業率、消費者心理、人々の生活能力にも大きな影響を及ぼしています。消費者にとっては、このパンデミックによって、絶縁型と制約型の2つの主要な消費者タイプが生まれました。絶縁型消費者は、制約型消費者のようにCOVID-19の直接的な影響(健康面や金銭面)を受けてはいませんが、単に用心するために、より注意深い消費習慣に移行することを選ぶかもしれません。しかし、ゲーム業界は不確実性や予期せぬ問題が山積している激動の時代ではありますが、消費者の最新・最高のゲームに対する熱狂は不変です。新しいゲーム機、パブリッシャーによる世代を超えた移行、サブスクリプションプログラムや新しいストリーミングプラットフォームはすべて、同じ最終目的であるソフトウェアの提供を実現するためのさまざまな方法です。かつてビル・ゲイツが言ったように、そして他のメディアも証明しているように、様々なプラットフォームや消費モデルがあろうとも、"コンテンツは王様 "なのです。

メソドロジー

ニールセンゲームランク

Nielsen Game Rank™は、複数の主要指標(認知度、興味、緊急性、消費者評価など)の組み合わせにより、各プラットフォームのゲームユーザーの全体的な期待度を指数化したものです。この指標は、そのプラットフォームで発売された過去の全タイトルの発売前の期待度に対して、そのタイトルに対する全体的な期待度がどの程度強いかを反映したものです。例えば、ゲームランクが90の場合、様々な消費者指標の組み合わせを考慮し、ゲームの発売までの期間を考慮した上で、現在のゲームに対する全体的な期待度が、同じプラットフォームで発売前のサイクルの同じ時点における過去のゲームの90%より高いことを示します。

2020年9月1日に発表された2020年の分析では、80種類以上のゲームが検討されました。これらのゲームは、2020年9月1日~2020年12月31日に発売される予定でした。ゲームランク™が70以上のゲームを対象としました。マルチプラットフォームタイトルの表示値は、各リリースプラットフォームの平均値です。データ施策は、2020年7月12日~2020年8月15日の期間、7歳~54歳のアクティブゲーマー6,000人以上にアンケートを実施し、収集したものです。