02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

COVID-19メディア消費への影響を追う

6分で読む|2020年6月

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中を席巻する中、消費者は購買行動やメディア行動の劇的な変化を余儀なくされている。ニールセンはこのような変化を追跡し、次に何が起こるかを計画しようとしている企業のためのナビゲーション・ビーコンを確立している。

今後、数日、数週間、数ヶ月の間、私たちは、私たちの市場が、私たちの業界と人々の将来の健全性のために、安全で、自信に満ちた、賢明な方法で前進することを確実にするために、顧客やパートナーとの協力努力を続けることを約束します。

メディア消費

COVID-19の影響は広範囲に及んでおり、今後数ヶ月の間、ビジネスや消費者の行動を形作ることになるだろう。そして、このアウトブレイクの人道的・安全的側面が世界的に注目されている一方で、社会的距離の取り方、隔離、自宅待機がメディア消費に大きな影響を及ぼしていることは疑いようがない。

購買行動

技術、インフラ、エクスペリエンスの向上と、配送日数や配送コストといった試行への障壁の低減が相まって、オンライン小売ショッピングの購入者導入は過去2年間一貫して増加している。しかし、こうした要因によって消費者の行動が広範に変化する一方で、COVID-19は消費者の買い物の仕方にもう一段の変化をもたらしている。

広告シフト

コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を抑えるには、じっとしていることが最善だが、家に閉じこもる消費者はブランドに直ちに影響を及ぼしている。広告を控えることは短期的には経費削減になるが、ブランドの回復力には影響する。このような未知の海域で、企業はどのようにブランドを支え、収益を上げることができるのだろうか?

ブランド適応

このような前例のない時代は、大規模な課題をもたらす。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックのような危機的状況にあっても、企業は戦略的計画を検討し、ブランドへの投資を継続する必要がある。売上は落ち込むかもしれないが、市場シェアを維持、あるいは拡大することが重要だ。広告への投資を継続することで、やがて生活が新たな平常に戻ったときに成功するための準備が整います。 

類似の洞察を閲覧し続ける