02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

2021年もパンデミック、政治、社会不安がローカルニュース視聴を牽引する

4 分で読めます |2021年1月発売

ニュースの観点から見れば、2020年はかつてない年だった。そして、2021年に新たなスタートを切るという見通しが固まるなか、いまだパンデミック(世界的大流行)に見舞われている分断国家は、特にローカル・レベルのニュースの重要性を高め続けている。消費者のオンデマンド・ライフスタイルが余暇のビデオ視聴に影響を及ぼしていることは明らかだが、米国の不穏な人口動向は、社会不安から大統領選挙、2021年1月6日にワシントンD.C.の連邦議会議事堂で起きた抗議デモや暴動まで、あらゆる情報を得ようとする全米の消費者にとってニュースの重要性を高めているニールセンについて 。

リニアTVの視聴は、予定調和的なTV視聴からのシフトを考えると、岐路に立たされている。そのため、ローカル、全国、ケーブルのニュース番組が活躍する機会が増えている。たとえば、2021年1月6日の個人レベルのライブ+タイムシフト視聴は、2021年1月3日(NFLのレギュラーシーズン最終日曜日)の視聴に匹敵した。

ストリーミングビデオの消費が増加しているにもかかわらず、特にニュース番組に関しては、ローカルTVの価値は誇張しすぎることはない。重要なのは、25~54歳の消費者が利用できるコンテンツの選択肢の中で、ニュースが昨年を通して視聴時間を独占し、2019年末よりも顕著に高かったことである。

2020年を通して見られたように、大きな出来事ほどニュースへの関心を掻き立てるものはない。2021年1月6日も例外ではなかった。しかし、ワシントンD.C.での抗議デモや暴動をめぐる全米の注目度にもかかわらず、放送局のニュース番組はケーブル・ニュースの視聴を大きく上回った。これは、米国の特定の大都市圏で事件が起きているとき、消費者がケーブル・ニュースに目を向ける可能性が低いという事実を物語っている。

COVID-19の影響で昼間のテレビ視聴が増えただけでなく、2021年1月6日の事件によって、放送局やケーブルネットワークの視聴率は終日急上昇した。とはいえ、視聴率が最も高かったのは夕方の早い時間帯であり、COVID-19以前の消費者のスケジュールを彷彿とさせる。前日も、視聴率は低かったとはいえ、同様だった。つまり、この1年で多くのことが変わったとはいえ、その日の出来事をキャッチアップするには、たとえその日の出来事が常軌を逸したものであり、世界的な注目を集めるものであったとしても、夕方は依然として最高の時間帯として君臨しているのである。

しかし、おそらく最大の収穫は、ニュースイベントが起こる市場におけるローカルニュース放送の重要性であろう。ワシントンD.C.の消費者にとって、ローカル放送のニュースは、その市場で直接起こっていることニールセンについて 、重要な情報源としての役割を果たした。1月6日のローカル局の視聴率は、1月5日と比べて43%高く、全国放送のニュースが記録した30%の急上昇を大きく上回った。

世界は、パンデミックに見舞われた2020年から2021年が癒しと再建の時となることを大いに期待しているが、不安、挑戦、不確実性が大きく立ちはだかる気配が濃厚である。このような状況下でも、ローカルニュースはどこの消費者にとっても重要な情報源であり、消費者の視聴行動からは、他にも多くの選択肢があるにもかかわらず、ローカルニュースがしばしば最重要選択肢であることがうかがえる。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。