02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

ニュース視聴55歳以上:知っておきたいこと

4 分で読めます |スー・トレンブレイ、バイスプレジデント、セールスディレクター |2022年7月発売

近所、街、国など、いつでも何が起きているのかを知る必要性は、私たちの生存、さらには人間性そのものと密接に結びついています。情報を得るという重要な必要性は、情報、特に一般的に「ニュース」と呼ばれるものにアクセスし、消費できる無数の方法を生み出しました。強力なソーシャル メディアの提供から、大画面と個人用デバイスの両方でテレビを視聴する方法の蜘蛛の巣まで、私たちは文字通りどこにいてもニュースを見ることができます。

そして、私たちはそうします。全体の視聴率を見ると、ニュースが視聴カテゴリーで引き続きトップの座を占めています。このカテゴリーでは、25歳から34歳の人が他のどの番組ジャンルよりも多くのニュースを視聴し、視聴シェアの11%を占め、35歳から54歳の人が15%という驚異的なシェアを占めています¹。しかし、ニュース視聴の真の勝者は55-64歳のデモで、年の範囲は小さいものの、他の2つのグループよりも視聴率が高く、16%のシェアを占めています2。55歳から64歳の成人のニュース視聴への献身は強調されるべきです...そして彼らの忠誠心で評価されています。

高齢者が最も多くのニュースを見ているだけでなく、55〜64歳のデモは全体的なインプレッションの上昇をもたらします。2022 年4月、55-64のデモと24-54のキーデモを集計すると、放送、ケーブル、その他チューニング(AOT3)、非従来型の視聴ソース(HUT以外4)など、すべてのソースからの総インプレッション数が56.5%増加しました(2021年4月の54.9%増から上昇)。

HUT以外のソースから視聴する世帯は前年比で8%増加し、その変化の大部分は25〜34歳で、10%非HUTソースに視聴をシフトしました。驚くことではないかもしれないが、信頼できる55-64人のニュース視聴者は、HUT以外の情報源への切り替えが最も少なく、6%6であった。重要なのは、この55-64歳のデモは、一般的に若いデモよりも多くの純資産を持ち、より多くの裁量所得を持っていることを忘れてはならない。ICYMIは、55-64の購買力に関する この作品 をチェックしてください。

また、ブランドロイヤリティについて考えると、ブランドの戦いは初期に行われるため、若い世代が人気の高い消費者になるというのが一般的な指針です。しかし、現在の調査によると、55-64歳の層は、ニュースの主要な消費者であることに加えて、新しいブランドを試すことにも前向きです。55-64歳のブランド購入のリピート購入数の合計を見ると7、他の若年層と比較して、ブランドのリピート購入率にほとんど差がないことがわかります。すべてのグループがこの指標で減少しているため、カテゴリ内の新しいブランドに開かれています。8

特定の非常に重要なカテゴリーである自動車のブランドロイヤリティの例を深く掘り下げると、55〜64歳の人々は、ハイエンド、高級車など、複数のブランドの車を所有する可能性が高いことがデータで示されています。リストは続き、さらに印象的になります。9

ニュースの未来とニュース視聴者の収益化について考え、計画を立てる中で、25-64の拡張されたデモは、方程式の信頼できる、信頼できる、収益性の高い部分を示しています。確かに、世界は変わり、人々は情報を得るための新しい方法を見つけるでしょうが、55-64歳のデモは引き続きしっかりと見守り、消費するでしょう。そして、データは、彼らがまさにそれを行うためのリソースを持っていることを示しています。

備考
  1. ニールセン:NLTV、ジャンル別視聴、2022年4月
  2. ニールセン:NLTV、ジャンル別視聴、2022年4月
  3. AOT – All Other Tuning:コードまたは一致する音声署名で識別できないコンテンツ。したがって、最終ディストリビュータ(およびステーションコード)に割り当てることはできません。コンテンツがエンコードされていない/一致しないコンテンツと見なされるためには、テレビやセットトップボックスなどのHUT(テレビを使用する世帯)デバイスから発信されている必要があります。2022年ニールセン・ローカル・リファレンス・サプリメント
  4. 非HUT:テレビソースを使用していない世帯 – HUTで定義されている、テレビ、メモリースティック、カメラ、またはポータブル/ハンドヘルドゲームを表示する別の方法。2022年ニールセン・ローカル・リファレンス・サプリメント。
  5. Nielsen: NPower: Live+same day, total day % of share by total usage of television, April 2021 vs. April 2022 (NPower: Live+same day, total day % of share by total usage of television, April 2021 vs. April 2022) (2021 年 4 月と 2022 年 4 月の比較)
  6. Nielsen:NPower、Live+同日、合計日インプレッション数、2022年4月
  7. Nielsen Catalina Solutions: ブランドロイヤリティ 2018年8月-2021年7月。
  8. Nielsen Catalina Solutions: ブランドロイヤリティ 2018年8月-2021年7月。
  9. Scarborough USA+、2021年リリース2:「別の自動車ブランドを所有する可能性と米国の成人」。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 全米TV測定

    視聴者がいつ、どこで、誰と、どのくらいの頻度で視聴しているかを把握し、広告やコンテンツに役立てる。