ニュースセンター>多様性

ニールセン、ダイバーシティincトップ50に9つランクイン

3分で読む|2017年5月
ダイバーシティICトップ50 2017

ニールセンは4年連続で以下のリストに選ばれました。 DiversityInc's 2017 Top 50 list for Corporate Diversity and Inclusionに選ばれました。.このリストは、女性、マイノリティ、障がい者、LGBT、退役軍人の雇用、維持、昇進の分野において、多様性と包摂に深く取り組んでいる企業に焦点を当てたものです。また、LGBT、リクルートメント、グローバル・イニシアティブについても同誌から表彰されました。

「ニールセンは、DiversityIncのプロセスが提供する方向性とベンチマークを高く評価しています。「ニールセンは、DiversityIncのプロセスが提供する方向性とベンチマークを高く評価しており、この重要な仕事が評価されたことを光栄に思います。

今年は32位で、昨年より9つ順位を上げた。躍進の主な理由は、社内の代表、定着率、社員の能力開発の機会を追跡調査したことにある。 従業員のキャリア開発を奨励する方法の一例としては、以下のようなものがあります。 多様なリーダーシップ・ネットワーク(DLN)-2013年に創設された18カ月間のリーダーシップ開発プログラムで、高い潜在能力を持つ社員の成長、指導、挑戦を目的としています。このプログラムは大きな成功を収めており、プログラム修了者の100%が社内で新たな職務に就き、定着率は95%に達しています。

「ニールセンのチーフ・ダイバーシティ・オフィサーであるアンジェラ・タルトンは、「文化が絡み合い、人口動態が変化するにつれ、消費者にアピールする製品やサービスも変化しています。「ニールセンのダイバーシティは、目に見えるものだけではありません。多様なアイデア、経験、才能、背景、文化的なニュアンスを含みます。こうした違いを活用することで、クライアントに優れた結果を提供することができるのです」。

多様な視聴者に関する洞察と測定の決定的な情報源として、当社はまた、世界中で起きている人口シフトの影響と重要性に関するソートリーダーシップの制作にもリソースを投入しています。そのため、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系消費者に関する年次報告書など、多様なコミュニティがもたらす購買力、視聴力、聴取力に注目を集める「Diverse Intelligence Series」報告書を継続的に発表しています。当社の従業員リソース・グループ(ERG)は、以下のレポートを執筆・発行した。 障害者に関する新しい報告書(ADEPT ERG)、LGBTQ消費者に関する拡大レポート(PRIDE ERG)を執筆・発行した。

私たちの サプライヤー・ダイバーシティプログラムは、もうひとつの傑出した取り組みです。66カ国にわたり、従業員マネジャーの93%が、マイノリティが経営するサプライヤーとの提携による、ダイバーシティ&インクルージョンの基礎トレーニングを受講しました。さらに、女性が経営する多様なサプライヤーを起用し、世界中のチームに1,400回以上の「アンコンシャス・バイアス」トレーニングを提供することで、ダイバーシティ&インクルージョンの実践がC-suiteだけでなく、組織全体に浸透しています。

過去12ヶ月間、ニールセンはダイバーシティ&インクルージョンの画期的な成果をいくつも挙げてきた。 ニールセンは ヒューマン・ライツ・キャンペーンの企業平等指数で4年連続満点、障害者平等指数 障害者平等指数® (DEI)で90%のスコアを獲得し、フォーブス誌の 多様性に優れた職場トップ50で50位、Forbes誌の ミレニアル世代にとって最も働きがいのある会社トップ100」の58位に選ばれました。.

DiversityIncが毎年行っている大規模な調査では、採用、人材開発、シニア・リーダーシップのコミットメント、サプライヤーの多様性に基づいて、経験則に基づいたランキングが算出されます。このランキングには、多くのクライアントやパートナー企業が名を連ねています。ニールセンについて 、ランキングのプロセスや今年のリストに選ばれた他の組織の詳細については、以下をご覧ください。 https://www.diversityinc.com/top50.