ニュースセンター>イベント

ニールセン、Disability Equality Indexで3年連続で90%のスコアを獲得

4分で読む|2018年7月

ニールセンは、Disability Equality Index(DEI)において3年連続で90%のスコアを獲得し、DEIの「Best Companies for Disability Inclusion(障害者インクルージョンの最優良企業)」リストに選出されました。DEIは、Disability:IN(旧United States Business Leadership Network)と米国障害者協会(AAPD)が共同で実施しているもので、米国で最も信頼されている障害者インクルージョンの包括的ベンチマークツールです。DEIは、組織文化、リーダーシップ、アクセシビリティ、雇用、コミュニティ・エンゲージメント、サポート・サービス、サプライヤーの多様性に関する主要業績評価指標を測定します。

DEIに対する当社の評価は、7月9日から12日までラスベガスで開催されたDisability:INカンファレンスで発表されました。このカンファレンスは、当社の従業員リソース・グループ(ERG)であるAbled and Disabled Employees Partnering Together(ADEPT)を通じて当社が後援したものです。ADEPTのリーダーはパネルで講演し、能力の異なる求職者や企業経営者と交流しました。この活動は、ADEPTの9つのグローバルERGに共通する使命である、人材獲得イニシアティブ、地域社会への働きかけ、教育を支援することによってビジネスの成功に影響を与えるという重要な部分を果たすものでした。

コンシューマー・ニューロサイエンス部門ディレクターでADEPT ERG地域共同代表のメーガン・ベルデンは、異なるコミュニケーション・スタイルを持つ同僚とのコミュニケーション戦略や、困難な仕事上の会話への取り組み方に関するパネル・ディスカッションに参加した。このパネルディスカッションの内容は、雇用主が彼らが活躍できるような職場を提供するために、時として積極的に手を挙げなければならない、能力の異なる人々にとって特に重要なものであった。メーガンは、キャタピラー社、3M社、フィデリティ・インベストメンツ社、アーンスト・アンド・ヤング社の代表者と共にパネルに参加した。メーガンがパネルの一員として行ったクライアントとの対話は、私たちのERGがどのようにワークプレイス・インクルージョンをめぐるクライアントとの対話を促進し、私たちの共有するビジネス・エコシステムの利益につなげているかを示す輝かしい例である。

ニールセンは、世界中で46,000人以上の異なる能力を持つ社員を雇用しているグローバル企業であり、そのため、社員が職場で活躍する能力が制限されている場合に、『手を挙げる』ことができるようにする責任があります。「私たちのグローバルADEPT ERGは、5つの国と3つの大陸で活動しており、社員が確実に発言できるようなコミュニケーション・インフラを提供すると同時に、すべての人のユニークな背景や視点が含まれ、評価されるような支援的コミュニティとしても機能しています。  

パネルディスカッション以外にも、ADEPTのリーダーたちは、様々な能力を持つ学生や求職者と直接交流する機会がありました。ADEPTのリーダーたちは、ニールセンのインターンを希望する学生のために現場で就職面接を行い、学生がさまざまな業界の専門家からなるパネルにビジネスアイデアを披露する「シャークタンク」スタイルのコンペティションの審査員を務めました。ADEPTのリーダーたちは、ニールセンがすべての社員が職場で最高のパフォーマンスを発揮できるよう必要な配慮を行う、包括的な雇用主であると見なされるよう、能力の異なる学生とのつながりを築くことに一貫して努めています。

障がい者フレンドリーなデスクトップ背景
ニールセンのデスクトップ背景の新定番。

ADEPTは、当社がDEIリストで評価されるのに大きく貢献し、さまざまな能力を持つ従業員のために世界的にプラスの影響を与え続けています。その典型的な例が、昨年当社のブランドが変更されたときに起こりました。46,000人の従業員に配布されたブランド準拠のデスクトップ背景は、視覚障害のある従業員にとっては明るすぎるものでした。その結果、これらの社員は日常業務を遂行することが困難になりました。ADEPTのリーダーたちは、マーケティングチームやテクノロジーチームと協力し、ニールセンのブランド基準に完全に合致しながら、すべての社員が利用しやすい新しい背景を考案しました。さまざまな能力を持つ社員がADEPTを通じて意見を述べ、発言しました。彼らの意見がなければ、社内のチームがアクセシビリティの問題に気づき、対策を講じることはなかったかもしれません。

「当社のERGは、ERGに参加し、ERGを率いる人々だけでなく、すべての従業員にとって前向きな変化をもたらすものです」と、当社のERGをグローバルに率いるダイバーシティ・プログラム担当副社長のミリアム・ヴィダロンは述べています。「私たちの新しいデスクトップ背景は、ERGメンバーがどのように世界中の職場の具体的な改善を推進しているかを示す実例です。ERGを通じて、私たちの日常的な従業員は、自分たちのイメージするインクルーシブな企業文化を形成する機会を得ることができるのです。"

上の写真:DEIで90%の認定を受け、障害者インクルージョンのベスト・エンプロイヤーに選ばれたニールセンのDisability:IN会議出席者。