本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

10、20、30 ミステリーネット時代のメディアコンタクト

3分で読めるシリーズ|2014年7月

ひまわりの反ブラックボックスサービス貿易行動は、新しい世代の新しいメディアを利用するスピードと能力を反映している。ニールセンの調査データ[図1]によると、昨日、12〜65歳の回答者の64%がインターネットを利用し、そのうち12〜39歳の回答者の80%がインターネットを利用し、20〜29歳の回答者の96%が若い視聴者であった。インターネットへの高い依存度は、他のメディアにどのような課題をもたらすのだろうか。ニールセンでは、10代、20代、30代の世代から、インターネット時代のメディア接触状況を観察しています。

テレビはまだ優位性があるのか?
昨日、テレビ視聴の接触率は他のメディアと比較して88%と高かった。テレビは依然として最も主流なメディアの座を占めていることがわかるが、若年層のテレビ視聴比率は全体平均よりはるかに低いことがわかる。人口分布構造から見ると、4歳以上の人口に占める10〜39歳の割合は現在44%で、5年前に比べて3%の微減だが、テレビ視聴人口の割合から見ると、10〜39歳の割合が大きく減少している。が、現在では30%を占めている。


近年の同時期と比較すると、4歳以上の全視聴者の視聴実績は横ばいとなっています。1日の平均視聴接触率は低下しているが、視聴者1人当たりの平均視聴時間は若干増加しており、見に来ている視聴者の滞在時間が長くなっていることがわかる。視聴実績が最も少なかった10~19歳は、5年前と比較して13%視聴実績が減少しています。同時に、視聴率、視聴時間ともに減少している。- 19歳と同様だが、視聴時間の変化が最も目立たないのは30-39歳の視聴者比率の低下で、前の2世代ほど心配はいらないが、1日の平均視聴時間も5%減少している。若いテレビ視聴者は負ける傾向にあるが、30-39歳の視聴者の視聴時間減少にはもっと注目すべきで、この層の視聴者にとって既存のテレビコンテンツの魅力が変化していることを意味する。

新聞、雑誌、ラジオはどうなっていますか?
テレビに加え、雑誌の接触率も20~39歳層が好成績。この1ヶ月で読んだ雑誌の種類も世代によって異なる。上位は映画やテレビのエンタメ系雑誌ですが、それ以外の雑誌のランキングと総合ランキングには多くの違いがあります。12~19歳の雑誌全体 読書率は低いが、語学学習やコミックがトップ10入り、20~29歳は女性誌/ファッション誌が受け入れられ、30~39歳はライフコースに影響されて、過去1ヶ月に読んだ 女性誌/家庭/育児誌も回答者の雑誌タイプ全体より上位にランクインしている。

ラジオメディアはビジュアルを使わず、コンパニオンメディアとして使われることが多いため、昨年のラジオ聴取実績と比較して、12~19歳のリスナー(学生の95%)、30~39歳のリスナー(社会人の87%) 昨日現象が減少しているわけではありません。インターネットがラジオに与える影響は、ラジオを聴く機器に反映されている。カーオーディオや一般オーディオ・ラジオの比率はまだ比較的高いが、若者は内蔵携帯電話やインターネットを使ってラジオを聴く比率が全体よりかなり高く、特に20~29歳のリスナーがインターネットを通して聴く現象が顕著である 、インターネットは若者のラジオ聴取のあり方を変えたと言える。