02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

次なる課題両方の長所-オンラインデータをマーケティングミックスモデルに統合する

1 分で読めます |2014年4月号

マーケティング・ミックス・モデリングは、マーケティング責任者にとってかつてないほど貴重なものであり、効果的なモデルの必要性は今日ほど高まっていない。絶え間ない予算の逼迫と、デジタルの世界による消費者とのタッチポイントの爆発的な増加により、マーケティング費用を微調整することの難しさと競争価値は劇的に高まっている。

デジタル領域で極めて正確なデータを提供する新しいマルチタッチアトリビューション(MTA)モデルは、オフラインデータと組み合わせることで、従来のマーケティングミックスモデルを時代遅れにすることができると言うプロバイダーもいる。しかし、実のところ、オフラインの世界をモデル化する上でのMTAの有効性はまだ未完成であり、現在のモデラーのほとんどは、カバレッジの低いMTAモデルのより粒度の細かいデジタルデータを使うか、カバレッジの高い既存のマーケティングミックスモデルのより粒度の小さいデータを使うかの二者択一を迫られているにすぎない。しかし、最初の選択肢はまだ使える答えを提供しておらず、2番目の選択肢は今日利用可能なデジタルの詳細を活用できていない。

では、CMOは何をすればいいのだろうか?我々の分析によれば、その答えは、MTAモデルの結果を既存のマーケティング・ミックス・モデルにインポートすることである。私たちはこれを行う独自の手法をIntelligent Priors®と呼んでいる。このようなアプローチは、両方の長所を発揮し、マーケターが意思決定を行うために必要な質の高い分析サポートを提供します。ニールセンについて 、急速に変化する今日のメディア環境におけるメディアの効果、効率、最適化。

類似の洞察を閲覧し続ける