02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニュースとスポーツは、この秋のラジオリスナーの道をリード

2分で読む|2016年10月

投票日が間近に迫り、ホワイトハウスの選挙戦の最終週の影響がメディア全体に波及している。アメリカ人は、プラットフォーム間で利用可能なニュースや情報の絶え間ない流れにチャンネルを合わせ、オンにし、消費しています。米国大統領選の報道に対するこの渇望は、 討論会の視聴率から 今月のニュース/トーク形式のラジオ聴取結果まで、あらゆることに表れています。

ニールセンの10月のポータブル・ピープル・メーター(PPM)視聴率の発表は、ニュース/トーク・ステーションが、過去1年の大半でそうであったように、視聴者を増やし続けていることを明らかにしています。今月の6歳以上の全リスナーの視聴者シェアは9.9%で、前年(2015年10月は9.1%)から急激に上昇し、ニュース/トークがシェアポイント(6月は8.9%)下がった6月と7月の夏から大きく伸びています。

これらの結果は、ニュース/トークの潮流が上昇し、視聴者数が軒並み増加していることを示しています。この成長は大統領選挙の年に予想されることですが、25歳から54歳の視聴者が今月、3年以上ぶりの高水準(7.3%)に達したことは注目に値します。News/Talkは、10月のPPM市場で2位にランクインし、Country、Hot Adult Contemporary、Adult Contemporaryを抑えて躍進しました。

驚くことではないが、News/Talkの視聴者数は、前回大統領を選出した4年前の同月に匹敵する。しかし、ミレニアル世代(18歳から34歳)の視聴者に占める割合は、実際には今回は大きくなっています。

ニュース/トークは4年ごとに見られる季節的なパターンに従っていますが、スポーツラジオは、メジャーリーグベースボールのシーズンとNFLの復活とともに、スポーツファンにとって1年で最大の時期の1つに対応する毎年恒例の盛り上がりの真っ只中にあります。昨年、All Sports radio はPPM測定で過去最高レベルに達しました。そして今月も、特にミレニアル世代で記録的なペースが続いています。

先月、スポーツラジオの視聴者の傾向を詳しくご紹介しました:10月と11月が聴取のピークで、NFLのプレーオフがアメリカ文化の中心となる1月と2月がそれに続きます。

すべての兆候は、ニュース/トークとスポーツの両方で、スポークンワードの分野で11月も好調なことを示しています。

*Nielsen Audioは公式に48のPPM測定市場を持っていますが、そのうちの3つ(ナッソー・サフォーク、ミドルセックス・サマセット・ユニオン、サンノゼ)は、ニューヨークとサンフランシスコの大都市圏に含まれています。したがって、これらの市場からのリスニングデータは、個別に分類していなくても、これらの結果に含まれています。

本レポートで使用されているデータは、多文化的な消費者を含むものである。ヒスパニック系消費者は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

類似の洞察を閲覧し続ける