02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

ニールセンTV米国ヒスパニック系消費者のデジタル・ディスカバリーに関する洞察

1分で読む|2018年10月

テクノロジーは消費者の体験を根本的に変えたが、ラテン系コミュニティにとっては不釣り合いである。今日、ほとんどの消費者はインターネットに接続し、デジタルに精通しているが、接続の動機となる要因は、消費者グループによって一様ではない。米国のヒスパニック系消費者の場合、接続性の背後にある理由や彼らが求めているものは、米国の一般的な人口とは異なっている。ニールセンが最近発表した「Descubrimiento Digital:The Online Lives of Latinx Consumers(ラテン系消費者のオンライン生活)」レポートに詳述されているように、そのつながりの基盤は、文化、伝統、家族に根ざしている。米国のヒスパニック系住民が、自分たちの伝統や家族に忠実でありながら、自分たちの価値観や願望を増幅させるためにテクノロジーをどのように利用しているかをより深く理解するため、ニールセンの戦略的イニシアティブおよび消費者エンゲージメント担当副社長で、米国ヒスパニック市場を専門とするステイシー・デ・アルマス氏にお話を伺いました。

ステイシーのポッドキャストは『データベース』でも聞くことができる。

注:ニールセンは本レポートにおいて、性別不詳を意味するLatinxという用語を使用している。この決定は、女性、LGBT+、ノンバイナリーなヒスパニック系住民をより多く含めること、またソーシャルメディアや学術論文でこの用語の人気が高まっていることを考慮したものである。

 

類似の洞察を閲覧し続ける