02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

ライバルの豊かさ:NBAファイナル

2分で読む|2018年6月

クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズのライバル関係がバスケットボールにとって良いものかどうか、ファンや専門家が議論する中、ニールセン・スポーツのいくつかの指標を分析したところ、過去3回のNBAファイナルの組み合わせは、チーム、選手、スポンサー、そしてファンにとって有益であったことがわかった。

今季のNBAは、キャバリアーズとウォリアーズが4年連続でファイナルで対戦するシーズンとなった。両チームはそれぞれ1970年と1946年から数十年にわたってリーグに在籍しているが、NBAファイナル4連覇が始まる前の最後の年である2014年以降、それぞれ数百万人のファンベースの成長を経験している。

しかし、キャバリアーズとウォリアーズのNBAファイナルでのライバル対決は、チームそのものに恩恵をもたらしただけではない。スター選手であるレブロン・ジェームズとステファン・カリーの市場価値も高めている。ニールセンのN-Scoreタレント・トラッカーは、アスリート、俳優、ミュージシャンなどに対するファンの認識を数値化する。2014年以降、ジェームズのNスコアは4ポイント上昇し、カリーは10ポイント上昇した。今シーズン、2人の差はわずか1ポイント(それぞれ76と75)。

現在、ジェームズとカリーはNスコアで1位と2位にランクされている。ジェームズのNスコアはリーグ最高の76点で、カリーを29点上回る認知度に後押しされている。しかし、カリーの好感度と健全なイメージのスコアはジェームスを大きく上回っており、ジェームスが高い知名度によって得る差のほとんどを埋めている。

ニールセン・スポーツ24の分析によると、過去3回のキャバリアーズ対ウォリアーズのNBAファイナルでは、スポンサーはプライム帯のテレビ露出で利益を得ており、クオリティ・インデックス(QI)メディアバリューを合わせると約4億6000万ドルに上るという。

2016年は、NBAファイナルが7試合に伸びた最大の年だった。合計169のブランドがスクリーンに登場し、2億ドル弱の露出を受けたが、これはチームとリーグの双方が7試合のシリーズから利益を得ている証拠である。

スポンサーはまた、チームのソーシャルメディア・プラットフォームを通じて露出することもできる。ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズは、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターでのファンとの交流数でNBAをリードしている。

両チームの「いいね!」、コメント、シェア、リツイートを合わせると、過去1年間で6億8000万件以上にのぼる。

2018年にNBAチャンピオンのトロフィーを掲げるのは1チームだけだが、王朝は関係者全員に配当金を支払う。

類似の洞察を閲覧し続ける