02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセン・ローカル・ウォッチ・レポート

2分で読む|2019年1月

進化する無線ホーム(THE OVER-THE-AIR HOME)

2018年5月現在、全テレビ世帯の14%以上(1,600万世帯)が「無線」(OTA)テレビのステータスを持っており、その数は増加傾向にあります。消費者がよりオンデマンドで費用対効果の高いオプションを求める中、このケーブルステータスセグメントが復活しています。しかし、この傾向を本当に理解するには、OTAホームが実際にどのようなものか、誰が住んでいるのか、メディアとどのように関わっているのかを理解する必要があります。

その結果、2つの著名なOTAセグメントが共存しており、プロファイルやメディアの習慣が大きく異なることがわかりました。1 つのタイプの OTA ホームには少なくとも 1 つの SVOD サービスがあり、もう 1 つのタイプには SVOD サービスがありません。私たちがSVODと言うとき、私たちは話しています ニールセンについて 有料サービス、Netflix、Hulu(Hulu Liveではありません)、Amazonプライムビデオ。「No SVOD」の家庭は、若く、より裕福で、よりデバイス接続が多い「Plus SVOD」セグメントと比較して、より古く、より多様で、収入の中央値が少ない傾向があります。

成長トレンド

OTA住宅の数は増加しており、近年はより顕著な成長を遂げています。従来のケーブル(有線または衛星)のない家庭の割合は、過去8年間で48%増加し、2018年5月時点で合計1,600万世帯に達しています。

類似の洞察を閲覧し続ける