本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

スポーツを通じたポジティブな変化のためのクォーターバック

4分で読めるシリーズ|2020年7月

2016年に元NFLクォーターバックのコリン・キャパニックが、報道された警察の残虐行為や有色人種に対する抑圧に抗議するために星条旗の際にひざまづいたことが歴史に刻まれるとき、米国における人種平等への長い戦いにおける重要な瞬間と見なされるでしょう。およそ4年後、人種の不公平を巡る緊張がこれ以上ないほど高まる中、スポーツ業界は依然として意識を活性化してポジティブな変化をもたらす重要な場であり続けています。

しかし、彼の行動は、プロスポーツ界以外でも重要な議論を引き起こすきっかけとなった。彼の抗議行動は、人種差別に対する意識を大きく変えるきっかけとなった。また、「ブラック・ライブズ・マター」運動への支持も高まり、プロスポーツ選手や彼らを応援するファンの間でも、この運動への支持は際立っている。

多くのプロスポーツ選手がその知名度を生かし、Black Lives Matterの抗議活動を増幅させ、ニールセンについて 人種差別や警察の残虐行為を発言する上で主導的な役割を担ってきました。その例として、カーメロ・アンソニー、セリーナ・ウィリアムズ、レナード・フォーネット、ヒューストン・ストリートなどが挙げられます。しかし、この運動に熱中しているのはアスリートだけではありませんニールセンについて 。ニールセンの最近の「スポーツにおける人種平等の推進」調査の結果によると、NBA、MLS、NFLの忠実なファンもそうである。

さらに、多くのアスリートが「ブラック・ライブズ・マター」運動や同様の人種的正義のための資金提供を約束しています。例えば、元NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンは、人種平等と社会正義を追求する団体に10年間で1億ドルの寄付を約束している。バスケットボールファンはマイケル・ジョーダンをNBAの王族とみなしていますが、MLSやNHLのファンは、個人的に自分の時間とお金を使って「Black Lives Matter」運動を支援するとなると、実はもっと寄付をするのだそうです。 

ニールセンスポーツのスポーツリーグおよびライツホルダー担当シニアバイスプレジデントであるリンドン・キャンベルは、「どのリーグのフォロワーが『ブラックライブズマター』などの活動に最も寛大であるかなど、ファンダムに関する新しいインサイトは、よりデータに基づいた情報に基づく意思決定を導く大きな可能性を秘めています」と語っています。「この情報を活用することで、スポーツ施設やチーム、そしてスポンサーシップやテレビ放送、ソーシャルメディアを通じて活動するブランドは、競争上の優位性を実現する新たな機会を得ることができます」と述べています。

ニールセンについて しかし、プロスポーツ選手には、「ブラック・ライブズ・マター」運動や人種的不公正を教育し、認識を高めるために発言する重要な責任があると、リーグを超えたスポーツファンは考えています。

人種的不公正を訴えるアスリートは、自身のブランドや所属するリーグの知名度を高めるだけでなく、同じような考えを持つブランドや組織と手を組みたいと願うオーディエンスを効果的に取り込むことができます。非常に混雑し、細分化されたメディア市場において、ブランドは、特に適切な消費者の前で目立つことがますます困難になっています。どのスポーツファンが最も熱心で、どのような活動に参加したいかを知ることで、より適切なターゲティングが可能になり、最初からより有意義なエンゲージメントを育むことができます。また、同時に収益にも良い影響を与えることができます。

例えば、ニールセンの「スポーツにおける人種平等の推進」調査で調査した個人の64%は、社会的不公正と戦う、または人種差別と戦うために率先して行動する新しいブランドを試すことに前向きであると回答しています。つまり、既存のブランドや組織以外にもシェアを拡大するチャンスがあるということです。さらに、人種的平等のトピックに取り組んでいるファンは、一般の人々よりも10ポイント多く、その活動に関わる新しいブランドを試す傾向があることがわかりました。また、多くのカテゴリーにおいて、ブランドの忠誠心ははかないものですが、このトピックに関与している消費者の忠誠心は、一般の人々よりも、同様に関与しているブランドへの忠誠心がはるかに高い(62% vs 54%)ことが分かっています。 

「人種間の不平等や組織的な不正の問題は難しく、敏感な問題ですが、それらに取り組むことは非常に重要です」とキャンベルは述べています。「スポーツファンを巻き込みながら、これらの重要な問題に真正面から取り組むブランドや権利者は、ビジネス目標を達成すると同時に、前向きな社会的変化を促進することができます。これこそ、Win-Winの定義です。

キャパニックはまだプロフットボールに復帰していない。しかし、2016年当時の彼の抗議行動は、人種的不公正と戦うための大規模な支援の波を引き起こした。そして、彼はNFLに復帰していないものの、彼の行動はナイキや、最近ではディズニーといったブランドから大規模な支援を得ています。ディズニーは、マイノリティーの監督やプロデューサーと協力して、人種、社会正義、公平性の問題を探求するストーリーを開発し、伝えていく予定です。そして、この強力なパートナーシップは、多くの意味で、スポーツなくしては実現し得なかったのです。

スポーツにおける人種平等の推進」調査結果をダウンロードする ファクトシートをダウンロードしてください。