本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

CTV広告ガイド変化による成長の力

3分で読めるシリーズ|2021年6月

昨年、メディア業界において、ストリーミング・ビデオ・コンテンツほど注目されている分野はないでしょう。プラットフォームや番組の選択肢はますます豊富になり、消費者の選択肢は拡大・多様化し続けています。ストリーミングの利用が増加したことで、コネクテッド TV(CTV)へのアクセスも同時に増加し、ユーザーは豊富なオンライン・ストリーミング・ビデオ・コンテンツを容易に利用できるようになりました。実際、米国の家庭の77%は現在、少なくとも1台のコネクテッドデバイスを所有しており、CTVの利用率は2018年以降123%も増加しています。

CTV広告がリニアテレビの規模と影響力、デジタルの精度とパーソナライゼーションを兼ね備えていることを考えれば、eMarketerが今年、 130億ドル以上に達し、2020年から48.6%増加すると予想するのも不思議ではありません。要するに、CTVはリニアとデジタルのメディアバイヤーを初めて同じ土俵に上げているのです。重要なのは、これらのバイヤーが広告購入に関して異なるアプローチと知識を持っており、それを調和させるのが難しいということです。しかし、適切な視点を持てば、このような課題を容易に解決し、皆に利益をもたらすことができます。

消費者がコンテンツを消費する新しい方法に急速に適応している中、成功の鍵はCTVが提供するユニークな機会を活用し、リニアTVやデジタルと組み合わせたオムニチャネルのメディアプランの中でこの有益なメディアを組み合わせることにあります。しかし、CTVの広告購入は比較的新しく、またCTVの状況も微妙に異なるため、他のメディアで経験を積んだマーケティング担当者には独特のハードルがあります。最近発表されたニールセンの年次マーケティングレポートでは、CTVの導入に関してマーケターが苦労する上位3つの課題の1つが社内の知識格差であり、組織の賛同と測定能力がそれに続くと述べられています。無数の購入オプションや、ニールセンについて 他の購入との関連でどのように測定するかが不明であることを考えると、躊躇や不確実性は驚くことではありません。

マーケティング担当者がCTVの導入で苦労する上位3つの課題の1つは社内の知識格差で、次いで組織の賛同、測定能力となっている

しかし、多くのマーケターにとってCTVは未知の領域であり、多くの実行方法があるため、マーケターが多くの未解決の質問を抱えたままであるのも不思議ではありません。このガイドをダウンロードして、視聴者購入のアプローチ方法や広告がターゲット視聴者にどれだけ効果的に到達したかの測定方法など、CTV広告戦略を成功させるためのベストプラクティスと共通の落とし穴を学んでください。