本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

メディアや広告におけるLGBTQ+の表現を検証する

2分で読める|2023年6月

変化への後押し:

メディアや広告におけるLGBTQ+の表現を検証する

メディアにおけるLGBTQ+の表現が増加する傾向は、コミュニティの前進を反映していますが、その前途は平坦ではありません。最近の放送中止やシリーズ短縮は、スクリーン上のクィア表現に不釣り合いな影響を及ぼしており、包括的なブランドメッセージを伝えるためのLGBTQ+包括的なコンテンツを見つけることは、さらに困難となる可能性があります。

マーケティングの未来は個人的なものであり、オーディエンスデータは、人々がつながりを持てるコンテンツやブランドを探している時代において重要です。このレポートでは、ニールセンが、性別にとらわれないオーディエンスが、シスジェンダーのオーディエンスよりも、性的指向や性自認に基づくブランドのターゲットになることに、どのような違和感を持っているかを調査しています。 

メディアコンテンツといえば、ストリーミングがリードしています。LGBTQ+関連のビデオコンテンツは限られていますが、ストリーミングプラットフォームが利用可能なコンテンツの87%を占めています。LGBTQ+の視聴者は、従来のテレビの映画や番組は、ストリーミングサービスの映画や番組よりも非包括的であると見ており、異性愛者の視聴者も同様である。

その他の主なハイライトは以下の通りです:

  • 世界のオーディエンスの25%以上が、包括性を祝い、ポジティブなストーリーを共有することで、広告やコンテンツにおけるLGBTQ+の包括性が向上すると考えています。
  • 性的指向や性自認に基づくターゲット広告を受けた場合、64%が商品やメッセージは適切であったと回答しています。 
  • ストリーミングプラットフォームは、代表的なコンテンツの87%を占めており、黒人のLGBTQ+コンテンツがコミュニティの代表的なコンテンツとしてリードしています。

類似のインサイトを閲覧し続ける