本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

ビッグデータを超えて:空中で見守る観客

5分で読む|2024年1月

視聴者のテレビ視聴方法に対する接続性の影響に間違いはない。過去5年間で、インターネット接続からテレビコンテンツを入手する米国の世帯数は210%以上増加した1。インターネットに相当するコンテンツの魅力はともかく、テレビ視聴世帯のごく一部では、デジタルアンテナを使って無料で視聴できるOTA(Over-The-Air)放送番組を引き続き利用している。

ニールセンの2024年アップフロンツ/ニューフロンツガイドによると、2023年11月現在、米国のテレビ世帯の18%以上が少なくとも1台のテレビで無料の放送番組を受信できるようになっている。しかし、視聴者が利用できるコンテンツの選択肢が多いことを考えると、テレビ・コンテンツをデジタル・アンテナだけに頼っている家庭は少ない。大半の家庭は、OTAへのアクセスを他のソースからアクセスできるコンテンツで補っている。たとえば、60%がストリーミングビデオオンデマンドサービスに加入している。ケーブルや衛星放送を契約している世帯も同様である:実際、4%近くが少なくとも1台のOTA対応テレビを持っている。

視聴者がTVコンテンツにアクセスする方法は進化し続けているが、OTAホームの集中は過去5年間一貫している。2023年第3四半期には、OTAホームは米国のテレビ世帯3の14.5%を占めていた。

仮想多チャンネル動画番組配信事業者(vMVPDs; Hulu Live、YouTube TV、Sling TVなど)の利用も含めたOTA番組へのアクセスの一貫性は、テレビ視聴者が伝統的なリニア番組に継続的に関与していることを浮き彫りにしている。実際、2022年10月から2023年10月の間に、テレビ世帯の約92%は、分類に関係なく、何らかの形でリニア番組を視聴している。

約92%の家庭が何らかのリニア番組を視聴

伝統的な放送番組の一貫した魅力を強調するだけでなく、デジタルアンテナでこのコンテンツにアクセスする家庭の安定した割合は、特にコネクテッドTV(CTV)4の利用が増加する中、ビッグデータが測定ソースとして勢いを増す中、視聴者測定の重要な検討事項となっている。

CTVの利用は18歳以上の成人におけるTV利用の32%強を占めており5、企業がスマートTVや多チャンネル・ビデオ番組配信事業者(MVPD:DirecTV、Cox、Comcast Xfinity、DISHなど)のセットトップボックスからのデータを活用しようとしているのは理にかなっている。我々は、これらのデータソースが視聴者測定の科学を進歩させることができることを知っているが、それらはOTA視聴を捕捉していない。

ビッグデータは視聴者測定の科学を進歩させるが、OTA視聴を捉えることはできない

ニールセンの2023-24年のTVユニバース予測によると、米国のTV世帯数は前年比1%増の1億2500万。これは、米国の97%弱の世帯が、少なくとも1台のテレビで番組を視聴していることを意味する。これらの世帯には約3億1530万人が住んでいる。

米国の約2300万世帯がデジタルアンテナを使って無料テレビ番組にアクセス

テレビ世帯のうち、1,812万世帯がOTA世帯で、さらに462万5,000世帯がOTA対応テレビを持つケーブルテレビ・衛星テレビ世帯である。合計すると、2275万世帯がOTAアンテナを通じてテレビコンテンツにアクセスしていることになる。

線形計画法との一貫した重要な関わりは、2つの理由から注目される:

  1. テレビを見る家庭の大多数は、従来の広告付き番組を見続けている。
  2. ビッグデータ・ソースだけでは、デジタル・アンテナを使ってテレビを見ている何百万人もの視聴者の視聴行動をインサイト 。 

全国平均を外れると、一部の都市ではOTAの利用がより大きな役割を果たしている。たとえばヒューストンでは、27%以上の家庭で少なくとも1台のテレビが無料の放送番組を受信できるようになっており、24%近くがテレビを見る主な手段としてアンテナを使っている。オクラホマシティを筆頭に、一部の指定市場地域(DMA)ではOTA利用の割合が30%を超えている:この市場では、37.3%の家庭が少なくとも1台のOTA対応テレビを持っている。

OTA視聴者データはニールセンの全国TVパネルから得られる個人レベルの人口統計学的情報と組み合わされ、広告主や代理店に、ビッグデータでは手の届かないインサイト 。例えば、定額ビデオ・オン・デマンド(SVOD)サービスに加入していないOTA世帯の60%近くは1人世帯であり、SVODサービスに加入しているがvMVPDを利用していないOTA世帯の45%は3人以上の世帯である。しかし、収入面では、SVODサービスに加入し、vMVPDを利用しているOTA世帯が最も収入が多い。 

視聴者間のコネクティビティの向上は、視聴者がテレビコンテンツにアクセスする方法において重要な役割を果たし続けているが、無料のOTA放送番組は、米国のテレビ世帯の20%近くにとって依然として定番である。価値観の観点から、広告主や代理店は、インサイト 、この番組-ビッグデータが捉える領域外の番組-に傾倒する約2,300万人の視聴者を把握する必要がある。視聴者測定がスマートTVやケーブルボックスからのデータを含むように進化するにつれ、ビッグデータではなく人々が方程式の中心であり続けることが重要になる。

2024 Upfronts/NewFrontsプランニング シーズンにおいて重要な視聴者と番組編成のインサイトについては、こちらをご覧ください、 完全ガイドを読む.

情報源

1NielsenNational TV Panel;2019年9月対2023年9月。このパーセンテージは、インターネットからテレビコンテンツをストリーミングする家庭や、vMVPDを通じてテレビコンテンツにアクセスする家庭の増加を反映している。

2ニールセン全国TVパネル;2023年10月

3このパーセンテージには、vMVPDを持つ可能性のある家庭も含まれる。ニールセンは2024年にvMVPDを持つ家庭をケーブルプラス家庭に再分類する予定。

4CTVとは、インターネットからコンテンツにアクセスするテレビを指す。最も一般的な使用例は、ビデオコンテンツのストリーミングである。

5ニールセン全国TVパネル、2023年第2四半期

類似のインサイトを閲覧し続ける