02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>市場と財務

ニールセンの「オートモーティブ・グリーン・マーケター・オブ・ザ・イヤー」最終候補者発表

1分で読む|2010年11月

シボレー、フォード、ホンダ、メルセデス・ベンツ、トヨタは、2010年11月18日に開催されるロサンゼルス国際自動車ショーで発表される、史上初の「オートモーティブ・グリーン・マーケター・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に残った。この賞は、自動車業界の環境に配慮した取り組みについて、消費者の認知度を高め、消費者の認識をポジティブに変化させることに最も大きく貢献したブランドを表彰するものである。2009年10月から2010年9月までの間に、「グリーン」をテーマにした全国規模のテレビ広告を放映した自動車メーカーが選考対象となる。

ニールセンは、最終候補と受賞者を決定するために、3つの調査研究を活用し、メディアの種類を超えた認知レベルと認識を取り入れた。調査内容は以下の通り:

  • 約7,000人の消費者を対象とした、自動車ブランド別の環境メッセージに関するクロスメディア意識・認識カスタム調査
  • ニールセンの広告効果測定サービスにより収集された、自動車グリーン広告に焦点を当てた全国テレビ広告の視聴者250万人のレスポンスデータ。
  • グリーン関連のディスカッション・スレッドにおけるソーシャルメディアの「バズ」センチメントの測定

その結果、消費者は環境に配慮した広告キャンペーンに対して確実に高い意識を持っており、クロスメディア認知度調査では10人中8人の消費者が最近「グリーン」な自動車広告を見たと回答している。また、注目すべきは、消費者生成メディア(CGM)において、自動車ブランドの環境に配慮したトピックをめぐる議論が概して肯定的であることである。否定的な議論は平均して1%未満であった。このことは、グリーン広告によってブランドに対する評価が変わったと答えた消費者の数にも反映されており、3分の2の消費者は、これらの広告を見た後、より肯定的な意見になったと答えている。

「ニールセン・オートモーティブのロイス・ミラー社長は、「消費者の間で、自動車分野における環境への取り組みに対する意識が高まっていることがわかります。「ニールセン・オートモーティブのロイス・ミラー社長は、次のように語っている。「重要な利点は、このような認識によって、ブランドに対する見方がよりポジティブになることです。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。