02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

マルチミックスメディア・アプローチが新製品認知を促進

1分で読む|2013年2月

新製品を発売する場合、消費者が新しいものを試してみようと思うきっかけを理解することが鍵となる。消費者にリーチし、エンゲージする方法は様々だが、インターネットにアクセスできる回答者を対象とした最近のニールセンのグローバル調査によると、消費者の認知度を高めるには、メディアと口コミ広告をミックスしたものが最も成功している。

ニールセンの新しい調査によると、店頭での発見(72%)が新製品認知の最大の原動力となる傾向がある。テレビ広告(59%)と印刷広告(54%)もまた、主要なインフルエンサーである。しかし、この調査で検討された21の方法のうち、ニールセンについて 新製品の情報を探すときに最も説得力があるのは、家族や友人のアドバイス(77%)である。その他、無料サンプルの入手(70%)、インターネット検索(67%)、専門家・専門家の口コミ(66%)などが上位を占めている。

世界的に見て、最も説得力のある認知促進要因には、これらの方法で新製品を知った場合の購入意向がランク付けされており、あらゆる活動が混在している。この調査では、ソーシャル・メディアやインターネット利用によって促進される口コミコミュニケーションの重要性が高まっていることが強調されている。消費者は、インターネットやモバイルが、ニールセンについて 新商品の情報を得るための魅力的な手段であると感じるようになっている。しかし、潜在的なリーチと実行のしやすさは大きく異なる。

この調査結果は、ニールセンが世界58カ国からインターネットにアクセスできる29,000人以上の回答者を対象に実施した「新製品購入に関する意識調査」(ニールセンについて )から得られたものである。この調査では、新製品の購入に関する現在の消費者心理、どの製品カテゴリーが最も多くのインタラクションを享受しているか、また、どのような情報源が新製品の購入活動に影響を与えているかを明らかにしている。

詳細とインサイト 、ニールセンのグローバル新製品レポートをダウンロードする。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける