本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

アジア系アメリカ人にとっての美しさは、肌の奥にあるものだけではない

2分で読めるシリーズ|2015年6月

アジア系アメリカ人の多くは、美しさは内面から始まると考えており、新鮮な肉や野菜、果物を使った食料品の買い物かごが指数関数的に増えていることからも、その気持ちがうかがえます。しかし、アジア系アメリカ人は美に対して総合的なアプローチをとっており、健康や美容の分野でも平均より多くのお金を費やしています。

ニールセンの最新レポート「アジア系アメリカ人。Culturally Connected and Forging the Future」によると、アジア系アメリカ人は、スキンケア準備製品に米国人口の平均シェアより70%多く、フレグランスに25%多く、ヘアケアに15%多く、パーソナルソープとバスに12%多く、化粧品に7%多く消費していることがわかります。  

アジア系アメリカ人の買い物客にとって、パーソナルケアの維持と健康的なライフスタイルへの欲求も欠かせないものです。口腔衛生に22%、衛生保護に28%、ビタミンに6%、平均より多く費やしています。アジア系アメリカ人の年齢の中央値は35歳で、ノン・ヒスパニック系白人(42歳)より若いため、ファミリーケア(プランニング )、ベビーケア(31%増)にも平均より多く消費しています。 

ミレニアル世代のアジア系アメリカ人女性は決断力のある買い物客である

世帯主であるミレニアル世代のアジア系アメリカ人女性(18~34歳)は、自分が欲しいものを知っており、最高の品質を求めます。実際、ブランド製品への親和性が非常に高いため、アジア系アメリカ人以外のミレニアル世代の女性に比べて、プライベートブランド製品を選ぶ傾向が低い。ニールセンについて ブランドとプライベートブランドの嗜好を聞いたところ、アジア系アメリカ人女性は以下の意見に同意する傾向が強い。

  • 有名ブランドの製品は、プラスアルファの価格に見合うだけの価値があります。
  • プライベートブランドはパッケージが見栄えしないので、買う気が失せる。
  • プライベートブランドは、品質が重視される分野には向いていません。
  • ニールセンについて プライベートレーベルを試せるほど知らない。
  • プライベートブランドの商品をお客様に出すのは気が引ける。

ミレニアル世代のアジア系アメリカ人女性は、ニールセンについて 自分の身だしなみに気を配るだけでなく、家庭内の男性のための買い物もします。男性用化粧品を購入する頻度は、非アジア系アメリカ人女性の世帯主よりも9%高く、平均で20%多く消費しています。

アジア系アメリカ人へのアプローチを考えているマーケティング担当者は、化粧品のカウンセリングや無料の製品サンプルを提供することで、信頼感を高め、新しいアイテムを試してみる意欲を高めることを検討すべきです。

その他、報告書には以下のような調査結果が記載されています。

  • アジア系アメリカ人の購買力は、2014年には7700億ドルに達し、2018年には1兆ドルに達すると予想されています。
  • アジア系アメリカ人は、オーガニック食品を購入する傾向が平均より31%高く、製品の栄養を評価する傾向が23%高い。
  • アジア系アメリカ人の88%がクレジットカードを所有しているのに対し、一般の人々の66%が所有しています。
  • アジア系アメリカ人は、テクノロジー、モバイル、ソーシャルメディアの利用に関してリーダー的存在であり、他のどの民族層よりも多くの映画を見たりダウンロードしたりしています。

詳細とインサイト 、ニールセンのアジア系アメリカ人をダウンロードしてください。Culturally Connected and Forging the Future Report.