02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

より若く裕福な視聴者が家庭外でのテレビ視聴の増加に貢献

3分で読める|2018年5月

若い消費者がコードを切断し、増え続ける新興技術を通じてビデオを見る新しい方法を見つけていることは周知の事実である。一般的には、これらの視聴者は定額ビデオ・オンデマンド(SVOD)サービスに切り替えたり、リニアTVに興味がなく携帯電話でコンテンツを見たりしていると考えられている。しかし、この仮定は真実から遠く離れることはない。

若い消費者がストリーミング、特にモバイル機器を通じたストリーミングの成長を牽引しているのは事実だが、彼らは依然としてテレビで高画質の動画を求めている。しかし、大きなトレンドは、彼らがメディア(そして商品やサービスも)の意思決定を行う自立した消費者に成長するにつれ、快適な自宅から離れて視聴するようになっていることである。そこで、プラットフォームやデバイスを横断して測定するNielsen Total Audienceの出番となる。 ニールセンの トータルオーディエンス測定フレームワークは、人々がコンテンツを視聴するあらゆる方法を把握、測定、報告するこのトレンドの中心にあります。

ニールセンはこのシフトの詳細を調べるため、ニールセンについて 、次のような調査を行った。 家庭外テレビ視聴2017年通年の6歳以上のテレビ視聴データを分析した。その結果、OOH視聴全体の39%がZ世代(Gen Z)とミレニアル世代の消費者によるものであることが分かった。これは、これらの層における国内の家庭内視聴よりも14%高い。

Z世代とミレニアル世代の消費者は、家庭外ビデオ視聴の39%を占める

ニュースやスポーツなど特定の番組ジャンルに注目すると、OOH視聴は、特に重要な購買層であるミレニアル世代とX世代において、視聴者の増加をもたらし続けた。ニュースの場合、ベビーブーム世代とグレートジェネレーション世代が視聴者の72%を占めているため、家庭内での全国視聴ではこの傾向はさらに顕著である。この高齢の視聴者は、OOH視聴者の増加分の半分を占め、22%減少した。さらに印象的なのは、Z世代とミレニアル世代では、全国的な家庭内視聴と比較して、ニュースの増分OOH視聴のシェアが3倍近くになったことだ。さらに、ジェネレーションX(X世代)のOOH視聴シェアは、全国的な家庭内視聴の18%から、OOHの23%に急上昇した。

スポーツ番組も同様で、OOH視聴のほぼ半分(45%)がZ世代とミレニアル世代によるものである。Z世代とミレニアル世代からのOOH貢献の増加は、各デモセグメントで10%近く増加した。実際、スポーツ・コンテンツのOOH視聴は、18-49歳(主要購買層)からの視聴が、全米の家庭内視聴者よりも15%多い。

ニュースとスポーツのネットワークは、Z世代とミレニアル世代に対して健全なOOH視聴の増加を示しているが、放送ネットワークは、同じデモグループに対してさらに高い増加率を示している。OOHによるテレビ視聴は、スペインとエンターテイメントのネットワークでも行われている。これらのネットワークは、Z世代、ミレニアル世代、X世代から3%から7%のOOHリフトを見ている。

何十年もの間、メディア・オーナーやバイヤーはOOHオーディエンスの存在を知っていたが、この憧れの消費者を定量化して取引することはできなかった。この1年、移動中の消費者に関する新たなOOHの洞察が、OOHオーディエンスが買い手と売り手の双方にもたらす機会について、ニールセンについて 、より広範な話題に火をつけた。18-49歳の富裕層(世帯収入10万ドル以上)である可能性が6%高いOOHオーディエンスにリーチするにしても、主要なジャンルやデモで大幅な増加を達成するにしても、OOHの洞察はメディアプランにオーディエンスの増加をもたらす明確さと機会を提供している。

さらに、アウト・オブ・ホームの消費者を真正面から見ることができるため、広告主は若い視聴者とつながる手段を得ることができる。実際、OOHはZ世代やミレニアル世代にリーチする有効な手段であり、これらの非常にソーシャルな世代は、ベビーブーマーやグレートジェネレーションよりもOOHのパーセントリフトが2倍高い。

類似の洞察を閲覧し続ける