02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>マーケティング・パフォーマンス

カウボーイ・カーター効果」-若い黒人リスナーのカントリー音楽への関心を高める

3分で読む|2024年6月

カントリー・ミュージックをどう定義するかについてまだ議論している人がいる一方で、ヒューストンのアーバン・ワンの93Qのように、ビヨンセの最新作が巻き起こした文化的瞬間を受け入れたリスナーもいる。

カウボーイ・カーターのリリース当日、ミュージック・ビデオ・ネットワークのVevoは、カントリー・ミュージックのビデオの再生回数が全世界で38%増加したと 報告した。 

リアノン・ギデンのバンジョーから リンダ・マーテルの先駆的なEPまで、スポティファイによれば、このアルバムにフィーチャーされたすべてのカントリー・アーティストが、初回リスナーやカタログ・リスナーを増やしている。

ニールセンの測定によると、18~34歳の黒人におけるカントリー・フォーマットの視聴者シェアは+40%増加した。1この急上昇は2024年3月に主要市場全体で昨年3月と比べ発生し、4月も2023年と比べ+12%増加した。 

2024年第1四半期を見ると、18~34歳の黒人層におけるAM/FM局のストリーミング聴取のうち、カントリー・ラジオは全体の9%を占め、成人がカントリー局全体のストリーミング聴取に費やした時間の2.6倍となっている。18-34歳の黒人のカントリー局のストリーミング聴取率は、R&Bとヒップホップのフォーマットに次ぐ2位であった。2この調査は、ニールセン(ニールセンについて )が行ったオーディオ・コンテンツとアフリカ系アメリカ人のコミュニティとのつながりを示すものである。 

大まかに言えば、黒人の視聴者は週に平均9時間以上ラジオを聴いており、特に18~34歳の黒人の月間平均到達率は86%である。ニールセンの最新レポート『The global Black audience:Shaping the future of media)によると、米国の18~34歳の黒人は、従来のラジオを聴いて新しい音楽を発見する確率が、一般人口より20%近く高い。カントリー・ミュージック界で今日の黒人アーティストに注目が集まり、エンゲージメントが高まっている今、この層のラジオ局へのエンゲージメントが高まっていることは理にかなっている。 

カントリー・ミュージックのアフリカ系アメリカ人のルーツと、現在活躍する歌手の才能にスポットライトが当たり続けるなか、心に留めておくべきいくつかの重要なポイントがある。

  • 先入観にとらわれず、データに基づいて戦略を立てるには、測定が不可欠だ。 
  • アフリカ系アメリカ人のトレンドや伝統には、カントリーなどのフォーマットへの貢献の遺産のように、語られないものがまだたくさんある。代表性は重要であり、こうした物語が中心になれば、観客は集まってくる。 
  • 多様な黒人消費者とつながる方法と場所を再考しましょう。週に平均81時間以上もメディアと接触しているブランドにとって、革新的で本物の方法で黒人の消費者とつながる機会は数多くある。

備考

1ニールセン・オーディオPPM ブラック DSTマーケッツ 月-水 6A-12A

2ニールセンオーディオPPMクロスマーケットAQHシェア。月~日 6a~Mid

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。