本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

TVコンテンツ配信は進化し、視聴者はその恩恵を享受している

5分で読む|2023年11月

コンテンツのマネタイズがストリーミング業界全体の最優先事項であり続ける中、配信戦略はこれまでよりもはるかに大きな網を張る方向にシフトしている。この傾向は、 2023 State of Play Reportで初めて指摘した。その一例として、ニールセンが発表した2023年9月18日週の米国ストリーミング・トップ10リストには、複数のサービスでストリーミング配信されている5つの異なる買収タイトル1が含まれており、1つのタイトルは3つのプラットフォームで配信されている。

アメリカの視聴者は、この1週間にこれら5つの番組を合わせて42億分強ストリーミングした。これは、同じ週に視聴者がトップ10のオリジナル番組の視聴に費やした時間の72%以上である。

複数の場所でコンテンツが視聴可能であることは、配信戦略のシフトを反映しており、それは今年を通して具体化しつつある。例えば、2023年1月2日の週には、獲得した上位10番組のうち、複数のプラットフォームで視聴可能なものはなかった。その1週間後、NetflixとPeacockでデビューした『ニューアムステルダム 』がトップ10に入った。秋の初めには、上位10作品のほぼ半分が複数のサービスで視聴可能だった。

より広範な流通戦略への軸足は、メディアを取り巻く環境全体に明らかであり、それは多くの要因を反映しているが、そのどれもが普遍的に当てはまるものではない。

  • 無料の広告付きテレビ(FAST)チャンネルは増加傾向にあり、パブリッシャーは視聴者がいる場所でコンテンツを得たいと考えている。9月、Gaugeで独自に測定した3つのFASTチャンネルは、テレビ全体の3.2%を占めた。
  • 新番組の制作費が必ずしも報われるとは限らない。例えば、『Citadel』の予算は2億ドルから3億ドルと言われているが、ニールセンの最も視聴されたストリーミング・コンテンツのトップ10に入ることはできなかった。
  • 夏のストライキの影響で、この秋は新しいコンテンツが不足していた。パラマウントのオリジナル作品である『イエローストーン』はCBSで新たな視聴者を獲得し、視聴率も好調で、同局はシーズン2の放送を開始した。
  • ニールセンについて コンテンツ・ライセンシングの視点が変わりつつある。ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、今年初めにHBOのタイトルをネットフリックスにライセンス供与し、話題となった。ちなみに、これらのタイトルのうち2つ(「バンド・オブ・ブラザース」、「ザ・パシフィック」)は、9月18日週のニールセンのトップ10リストにランクインした。 

米国の視聴者が利用できるコンテンツの幅が広がっていることを見ると、大多数は単一のチャンネルやソースに限定されていない。2023年10月の時点で、テレビ視聴者は110万以上のユニークなビデオタイトル2から選ぶことができ、ストリーミングサービスかリニアチャンネルのどちらかに限定されているのは34.7%に過ぎない。

ニールセンのトップ10ランキングで12週連続1位を記録した『SUITS/スーツ以前は『OZARK/オザーク』が11週連続1位)。この12週間で、視聴者は368億分以上このリーガルドラマを視聴した。

そして、コンテンツのリーチを広げているのは、脚本コンテンツの所有者だけではない。例えば、NFLは、この秋の新コンテンツの不足とフットボールの巨大なファン層に助けられ、今年のマンデーナイトフットボール(MNF)の試合を3つの異なるネットワークで放送することで、その存在感を高めている。

他の2日間(日曜夜と木曜夜)は毎週1試合しか放送されないが、NFLは月曜をダブルヘッダーにしている:第2週と第3週はABCとESPNでダブルヘッダーが放送され、それ以外の月曜日の試合はすべてABC、ESPN、ESPN2で放送される。昨年はダブルヘッダーは1試合だけで、ABCで放送されたのは最初の3試合だけだった。今年の第1週から第7週までの総視聴者数は1億3,800万人を超え、昨年は1億1,200万人弱だった。

今年のMNFの視聴率データは、コンテンツを複数の場所で視聴できるようにすることが、視聴率の向上につながることを浮き彫りにしている。特に、すべての視聴者が同じチャンネルやプラットフォームにアクセスできるわけではない場合はなおさらだ。この戦略は、テイラー・スウィフトの助けも借りて、視聴者の層を広げている。今年最初のマンデーの7試合を合計すると、1,000万人以上の女性視聴者が増えた。

かつて、コンテンツを見つける場所が少なく、お金をかける選択肢も少なかった時代には、コンテンツの所有者や配信者は、より多くの視聴者を単一のソースに引きつけることができた。

今日、米国の視聴者は32,200以上のリニアチャンネルと89のストリーミングビデオソース3から選択することができ、視聴者はそれらすべてを探求している。この現実は、視聴者がテレビ視聴時間の大半を単一の環境内で、プロバイダーが選択した選択肢を集約したものに費やしていた時代とは大きく異なるシナリオを提示している。

視聴の分散は歴史的な観点からはユニークだが、視聴者測定データは、コンテンツがチャンネルを超えて利用可能である場合にリーチとエンゲージメントが増加することを証明しており、配信トレンドもそれに追随している。業界が来年のコンテンツや広告計画を検討し始めるにあたり、こうした変化を考慮に入れることは、特に新しいコンテンツが制限される可能性が高い年に役立つだろう。 

パブリッシャーにとっては、コンテンツをライセンスする新たな機会を見つけることで、既存のコンテンツの話題性と視聴率を高めることができる。こうした視聴者エンゲージメントの新しいパターンを理解することは、広告主や広告代理店にとって、今後1年間、視聴者にリーチする場所を検討する上で、特に急速に進化するFASTの状況をナビゲートする上で、非常に重要である。しかし、番組レベルのエンゲージメントが広範な視聴傾向を浮き彫りにする一方で、広告主や代理店は、広告購入戦略を計画・実行する際に必要なインサイト 、チャンネル別の視聴率を調べる必要がある。

チャンネル別の視聴率をお探しですか?ニールセンの ストリーミング・コンテンツ視聴率をご覧ください。

情報源

1アクワイアされたタイトルとは、最初にどこかで放映された後、他のコンテンツ所有者からライセンスを受けたタイトルのこと。
2Gracenote Global Video Data
3Gracenote Global Video Data; 2023年10月。各チャンネルは、ABCやPluto TVのオリジナルチャンネルであるFlicks of Furyなど、リニア番組の独自のソースを表す。各ストリーミング・ビデオ・ソースは、NetflixやDisney+など、個別のプロバイダーを表す。

類似のインサイトを閲覧し続ける