02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

開会式、全世界で20億人の視聴者を動員

1分で読む|2008年8月

ニールセンが木曜日に発表したところによると、8月8日金曜日に開催された2008年北京オリンピック開会式は、世界人口のほぼ3分の1にあたる20億人以上が視聴した。

ニールセンの推定は、開催国の中国、アメリカ、ブラジル、南アフリカ、イタリア、オーストラリアを含む世界38の主要市場から収集したテレビ視聴者データに基づいている。

アジア太平洋地域が最も視聴率が高く、10人に5人以上が開会式を見守った。 次いでヨーロッパが30%、北米が24%だった。

アジア太平洋地域では、中国が開会式を視聴した人の割合が最も高かった。 韓国(44%)、ギリシャ(43%)、オーストラリア(いずれも夏季五輪開催国)も高い視聴率を記録した。 

アメリカでの視聴率も目覚ましく、推定6500万人が開会式を見守ったという。

プレスリリース全文を見る

ニールセンの調査結果に関するBloombergと China Dailyの報道を読む。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。