02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国ではモバイル動画が急伸するも、まだ成長の余地あり

1 分で読めます |2009年1月

ニールセンのオンラインニュースレター「Consumerインサイト」によると、ニールセンはモバイルビデオの利用に関する新しいホワイトペーパーを発表した。 レポートの詳細は以下の通り:

-毎月、米国の携帯電話加入者1,030万人が携帯電話からビデオ・コンテンツにアクセスしている。

-米国におけるモバイルビデオの利用は、他のモバイルメディアに比べ、依然として低い(全加入者の5%)。

2008年第3四半期時点で、ストリーミング・ビデオの全ユーザーの11%がアップル社のiPhoneを使用しており、iPhoneユーザーの35%が定期的にモバイル・ビデオを利用していると回答している(全携帯電話加入者のニールセンについて 5%)。

-モバイルウェブビデオは、モバイルビデオ消費の最も一般的な手段(モバイルビデオユーザーの66%)に急成長した。

-2008年第3四半期、YouTubeはウェブ動画プロバイダーの首位となり、ニールセンについて 米国のモバイル加入者がアクセスした。-ウェブ動画大手のモバイル視聴者数は、2007年10月から2008年10月にかけて277%増加した。

-モバイル・ビデオの契約数も増加しており、2007年第3四半期の1,320万件から2008年第3四半期には1,640万件に増加している。

-モバイルビデオユーザーの利用頻度は比較的低いが(中央値で月17本)、モバイルビデオ体験に対する全体的な満足度は現ユーザーにおいて高い。

ニールセンの新しいホワイトペーパー「Tuned into the Phone:米国と海外におけるモバイルビデオの利用"

続きを読むニールセンについて 誰がモバイルビデオを見ているのか? 2009年1月号ニールセンのオンラインニュースレター「Consumerインサイト」2009年1月号に掲載。

ニールセンの調査結果についてはMediaweekを参照。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。