本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

メディアの現状 コンテンツは依然として王者である

1分で読めるシリーズ|2009年4月

従来のテレビ、インターネット、携帯電話やiPodなどのモバイル機器など、消費者がメディアにアクセスする選択肢はかつてないほど増えています。 選択肢が増えれば増えるほど、メディアを見る時間が増えるだけでなく、視聴率も低下していきます。 様々な選択肢があるにもかかわらず、テレビはあらゆる年代のアメリカ人がメディアを消費する主要な方法であることに変わりはありません。 2008年の最終四半期には、ニールセンの平均的な家庭で、月に151時間以上テレビを視聴しています。 インターネット・ユーザーは月に27時間、携帯電話ユーザーは携帯電話で4時間、インターネットで3時間近くビデオを視聴しました。

その他の調査結果は以下の通りです。

  • 10世帯に3世帯がDVRを所有しているにもかかわらず、テレビの視聴方法は引き続きライブが人気です。
  • 米国では54%の世帯が1台または2台のテレビを所有しています。
  • ヒスパニック系世帯は、他のグループに比べ、映画をダウンロードする傾向が2倍以上あります。
  • 91%の世帯がインターネットに接続しており、そのうち57%が高速回線に接続しています。
  • 視聴者は、性別、年齢、メディア消費レベル、民族性、社会的展望に基づき、8つのセグメントに分類することができます。

「メディアはデジタルファンマになった。コンピュータは電話を可能にする。テレビはゲームセンターの役割を果たす。消費者はいつでもどこでもビデオにアクセスできる。 しかし、テレビが依然として支配的であることに変わりはありません」と、Nielsen社のGlobal Media Client Services社長のDave Thomas氏は述べています。

ニールセンの最新版「Consumerインサイト 」で、メディアの現状を完全に把握することができます。