02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ティーンエイジャーはどう見るか メディアの未来は彼らの手の中にある

2分で読む|2010年6月

本日ラスベガスで開催されたコンシューマー360カンファレンスで、ニールセンのコンシューマーインサイト担当SVPであるドウニア・ターリルが語ったところによると、米国では、若者のメディア利用は上の世代とは著しく異なるが、彼ら自身が年を取るにつれて、上の世代に収斂していく可能性が高い。

12~24歳は、よりインターネットに接続し、ハイテクに精通し、スマートフォンやノートパソコンなどの個人所有の機器をビデオ視聴に使う傾向が強い。 また、従来のテレビを見る機会も減っている。しかし、その多くは経済的な必要性とライフスタイルの選択によるものであり、若い世代が高齢者世代になるにつれて変化していく可能性が高い。

若者のメディア習慣は、特定の世代というよりも、特定のライフステージに関係しているようだ。 実家暮らしの10代は、大学や初めての仕事で忙しい18~24歳よりも、全体的にテレビをよく見る傾向がある。 しかし、「最初のスクリーン」であるテレビは、両者にとってそれほど中心的な存在ではない。 それは、寝室や寮の部屋にテレビがないか、家庭内で他の人とリモコンの操作について交渉しなければならないからかもしれない。 18~24歳のテレビ視聴率が低いのは、彼らが年配者よりも(特にゴールデンタイムに)外出やニールセンについて 。

テリルは、同じ世代が年齢を重ね、落ち着いてくると、もっとテレビを見るようになるだろうと主張した。 結局のところ、彼らは最初の画面をコントロールする時間、機会、経済力をようやく手に入れたのだ。

このテーゼは、最初はテレビをあまり見なかった世代が、年齢を重ねるにつれて見るようになったという過去の世代の行動からも裏付けられている。

ビューイング・エボリューション

2001年の10代のテレビ視聴時間は週25時間未満だったが、18~24歳になった2009年には31時間視聴していた。 さらに劇的なのは、2001年の若年層のテレビ視聴時間は25時間未満だったが、25~35歳になるにつれて週36時間以上テレビを見るようになったことである。

類似の洞察を閲覧し続ける