02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

モバイル・スナップショット スマートフォンが米国携帯電話市場の28%に

1分で読む|2010年11月

ニールセン・カンパニーは本日、2010年第3四半期の時点で、米国の携帯電話加入者の28%がスマートフォンを持っていると報告した。

アップル社のiPhone、RIM社のブラックベリー端末、グーグル社のアンドロイド・ベースの様々な機種が市場に出回るなど、スマートフォンの人気が高まっていることが、普及率を加速させている。 過去6ヵ月間に新しい携帯電話を購入した人のうち、標準的なフィーチャーフォンではなくスマートフォンを選んだ人は41%で、前四半期の35%から上昇した。

最近のモバイル買収

欧州と比較すると、米国は同程度のスマートフォン普及率を誇る英国と肩を並べるが、前四半期に37%のスマートフォン普及率を誇ったスペインや、前四半期に33%のスマートフォン普及率を誇ったイタリアには大きく遅れをとっている。 ニールセンの新しいグローバル・スマートフォン・レポートによると、シンビアンはヨーロッパで最も人気のあるスマートフォンOSである。

米国では、アップルのiPhone OSが28%、RIMのブラックベリーOSが30%のマーケットシェアを獲得し、事実上追いついた。 一方、グーグルのアンドロイドOSは現在19%で、さらに伸びている。ただし、過去6ヵ月間に端末を選んだ人の中では、第3四半期はアンドロイドが首位に立ち、RIMブラックベリーとアップルiPhoneは実質的に同率2位となっている。

スマートフォンOSシェア

Androidスマートフォンの所有者の50%が35歳以下であるのに対し、アップルは44歳以下のスマートフォンユーザーが最も多い。

年代別スマートフォン

スパフォン・エイジ・デモ

興味深いことに、米国のスマートフォン所有者はフィーチャーフォン所有者よりも多様性に富んでいる:スマートフォン所有者の5人に1人がラテン系であるのに対し、フィーチャーフォン所有者はわずか9%である。

スマートフォンの多様性

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける