02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

2011年までに米国でスマートフォンがフィーチャーフォンを追い抜く

3 分で読めます |2010年3月号

ロジャー・エントナー、テレコムプラクティス、リサーチ&インサイト担当シニア・バイス・プレジデント

iPhone、ブラックベリー、ドロイド、そしてスマートフォン全般がモバイル市場の話題を独占しているが、2009年第4四半期現在、アメリカのワイヤレス契約者のうちスマートフォンを使用しているのはわずか21%である(2009年第3四半期は19%、2008年末は14%)。私たちは、スマートフォンが友人やインターネット、そして世界全体とつながるために消費者が使用する標準的なデバイスとなる、新しいワイヤレス時代の幕開けを迎えたばかりです。端末全体の売上に占めるスマートフォンの割合は、ここ半年で電話機購入者の29%に増加し、ニールセンの調査では回答者の45%が次の端末はスマートフォンになると回答している。このような意図的なデータに加え、端末の価格下落や性能の向上、そして端末用アプリケーションの爆発的な増加が組み合わさると、大きなうねりの始まりが見えてくる。この増加は非常に急速で、2011年末までには、ニールセンは米国市場でスマートフォンの台数がフィーチャーフォンの台数を上回ると予想している。

スマートフォンの成長

スマートフォンユーザー

女性よりも男性の方がスマートフォンを所有する割合がやや高い(53%対47%)。人口統計では、ヒスパニック系アメリカ人とアジア人が、人口比率から予想されるよりも若干スマートフォンを所有する傾向が強く、これは他のモバイルデータサービスでも見られる傾向である。スマートフォンは当初ビジネス分野で利用され始めたが、今日のスマートフォン購入者の3分の2は個人ユーザーである。

忠義

過去6ヶ月間にスマートフォンを新規購入した人の約77%はワイヤレス通信事業者に忠実であり、18%は新しいスマートフォンを手に入れるために新しい通信事業者に乗り換え、残りの割合は初めてスマートフォンを購入した人であった。興味深いことに、キャリアを変更して新しいスマートフォンを手に入れた人の割合は、平均的なワイヤレス契約者の割合よりも高くはない。

スマホ・ロイヤルティ

これは、ごく少数の例外を除き、ワイヤレス・キャリア全般のポートフォリオが、スマートフォンのキャリア間移動を防ぐのに十分強固であることを示している。さらに、スマートフォン所有者は、フィーチャーフォン所有者(66%)よりも、デバイスに対する満足度が高い(81%)ことも、無線通信事業者にとっては好材料である。

特徴、特徴、特徴

スマートフォンは、基本的な内蔵アプリのレベルでも、フィーチャーフォンよりアプリの利用率が高い。ニールセンのモバイル・インサイト調査では、回答者にニールセンについて 、過去30日間に利用した機能を尋ねた。スマートフォン市場にとって朗報なのは、人々が実際にデバイスの機能を活用していることだ。

携帯電話を音声通話のみに使用する人の割合は、フィーチャーフォンの新規所有者の14%から、スマートフォンの所有者の3%に減少した。内蔵カメラやビデオ機能の利用は、一般的に品質が良く、使い勝手が良いため、両カテゴリーとも20%近く急増した。また、スマートフォンはスピーカーが充実していることが多く、フィーチャーフォン所有者の半数(ニールセンについて )から、スマートフォン所有者の3分の2(ニールセンについて )へと、利用頻度が高まっている。高速ダウンロードのニーズを満たすために、Wi-Fiの利用がフィーチャーフォン所有者の5%からスマートフォンユーザーの50%へと10倍に増加したことは驚くべきことではない。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。