本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国スマートフォンバトルが過熱 最も望まれるOSはどれだ?

1分で読めるシリーズ|2010年12月

ニールセン・カンパニーの2010年10月のデータでは、米国の携帯電話加入者の29.7%がフルOSを搭載したスマートフォンを所有しています。

最も人気のあるスマートフォンはAppleのiPhoneとRIMのBlackberryで、米国におけるスマートフォン市場のシェアは27%で統計的にデッドヒートを繰り広げています。スマートフォン所有者の22%はAndroidオペレーティングシステム搭載の端末を持っています。

米国市場・スマートフォン市場

最も望まれるオペレーティングシステム(OS)。

今後1年間にスマートフォンへのアップグレードを予定しているモバイルユーザーに、次に使う携帯電話をニールセンについて 、アップルのiOSとAndroidが「最も欲しい」OSとして同点で並びました。

  • 新しいスマートフォンを手に入れる予定のユーザー(プランニング )のうち、現在スマートフォンを所有しているユーザーはアップルのiPhoneを好むと回答しており(35%)、スマートフォン、フィーチャーフォンともに28%が次の携帯電話としてAndroid OS搭載端末を希望していると回答しています。
  • ニールセンについて フィーチャーフォン所有者(プランニング )は、スマートフォン所有者の13パーセントと比較して、次に選ぶOSを「決めていない」人が25パーセントと少なくなっています。55歳以上では、18歳から24歳の12.2%に対し、27.8%が「次に欲しい端末がわからない」と回答し、若年層の携帯電話ユーザーよりも明らかに低い数値を示している。
  • アップル社のiPhoneとアンドロイドOS搭載端末は、スマートフォンのアップグレードを検討している人の間で「最も欲しい」と回答し、55歳以上、18歳から24歳、25歳から34歳ではアップル社がわずかにリードしています。
  • スマートフォンを手に入れる予定の女性プランニング は、次の端末として iPhone を希望する傾向が強く、Android を希望する男性はやや多い。
次に望まれるスマートフォンのOS

us-mobile-market-oct2010-3

us-mobile-market-oct2010-4

us-mobile-market-oct2010-5

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける