02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

インドネシアの携帯電話普及率、5年間で3倍に

2分で読む|2011年2月

ニールセン・カンパニーの新しい調査によると、インドネシアの携帯電話普及率は過去5年間で急上昇している一方、固定電話の数は減少している。 2005年当時、携帯電話の所有率は20%で、固定電話はインドネシアの家庭の4分の1を占めていた。 5年後の現在、携帯電話の所有率は54%に上昇し、固定電話の数は11%に減少している。

「インドネシアの通信市場はユニークだ。 ほとんどの国の消費者は、"無接続 "から固定電話、そして携帯電話やモバイル機器へと移行していきますが、インドネシアの消費者は、コミュニケーション・ツールとして携帯電話に一直線に向かっています。 ニールセン・カンパニー・インドネシア、テレコム・プラクティス・グループ・ディレクターのヴィラジ・ジュタニ氏は、「これが、インドネシアで固定電話や固定回線が本格的に普及せず、長年にわたって普及率が比較的横ばいで推移している主な理由です」と述べた。

この成長の大部分を牽引しているのは10代の若者で、70%以上が携帯電話を持っており、携帯電話を持っている10~14歳の若者の数は5年間で5倍以上に増加した。 インスタント・メッセージやチャットは、今日のインドネシアの若者にとって携帯電話の最も重要な用途であり、彼らは音声通話やテキストよりもこの用途を好んでいる。

インドネシア携帯電話

さらに、インドネシアの携帯電話加入者の支出は5年前よりも減少しており、2005年にはわずか18%だったのに対し、2010年には58%の消費者が月額50,000ルピア(約5米ドル)未満しか使っていない。

「月平均支出額の減少は、2つの要因によるものだ:ここ数年の関税が南下していることと、さらに重要なのは、消費余力の限られた新しい消費者層が市場に参入してきていることです」とヴィラージは言う。

消費者がサービス・プロバイダーを選択する際、最も重視するのは依然として低料金であるが、ネットワークの評判や友人や家族の推薦を考慮する消費者が多い。これは、料金の低下がオペレーター選択の原動力となりつつある一方で、消費者がサービス・プロバイダーを選択する際、引き続きニールセンについて サービスの質を重視することを示している。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける