本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

プライバシーを守ってください 米国のスマートフォンアプリユーザーは、位置情報のプライバシーに懸念を抱いている

1分で読めるシリーズ|2011年4月

消費者が自発的にその場所に「チェックイン」したり、GPS機能付きのスマートフォンが自動的にその情報をアプリ経由で送信することで、ニールセンについて 、その情報を共有できるモバイルアプリケーションがますます増えてきています。 マーケティング担当者の中には、位置情報を共有した消費者に対して、ロイヤルティポイントや近隣の企業の割引クーポン、その他の販促用の「バッジ」や特典を提供する人もいます。

しかし、米国ではチェックインサービスの人気が高まっているにもかかわらず、ニールセンについて 自分の地理的位置情報を共有することにためらいを感じる人がまだ多くいます。 ニールセン・カンパニーのモバイルアプリケーションに関する最新調査によると、ニールセンが過去30日間にアプリケーションをダウンロードしたモバイル契約者と定義するモバイルアプリケーションダウンロード者の多くは、携帯電話による位置情報の共有に関して、ニールセンについて プライバシーを懸念していることが明らかになりました。 この懸念は、女性のアプリケーションダウンロードユーザーの間でより顕著であり、男性のアプリケーションダウンロードユーザーの52パーセントと比較して、59パーセントがプライバシーに関する懸念を抱いていると回答しています。

3105_WireChart-AppsPlaybook1

年齢も要因の一つです。25~34歳のモバイルアプリダウンロード者は、プライバシーに関する懸念を持つ割合が最も低くなっています。 45歳以上では、プライバシーに関する懸念がかなり高くなっています。

3105_WireChart-AppsPlaybook2|電子書籍ストア「BookLive!

ニールセンについて 消費者が位置情報アプリに慣れ親しむようになり、マーケティング担当者が消費者の信頼を獲得し、その情報と引き換えに消費者がどんな利益を期待しているかを理解し、より精通するようになれば、消費者は位置情報モバイルアプリケーションという考えをより受け入れるようになるでしょう。

ニールセン・カンパニーのテレコム部門CEOであるジョナサン・カーソンは、4月27日にサンフランシスコで開催されるAppNationカンファレンスで、消費者とモバイルアプリに関するこれらの知見を紹介する予定です。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける