02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

ジェネレーションCの紹介 18~34歳のアメリカ人は最もコネクテッド

1分で読む|2012年2月

ビデオデッキが発売されてからインターネットが商業化されるまでの間に生まれた18~34歳のアメリカ人は、あらゆるデジタルをユニークに受け入れ、メディア消費を再定義している。ニールセンとNM Inciteの『U.S. Digital Consumer Report』によると、このグループはニールセンから「ジェネレーションC」と呼ばれ、他の年齢層とは異なり、新しいレベル、新しいデバイス、新しい体験で、個人的なつながり、つまり、お互いに、そしてコンテンツとのつながりを深めている。

最新の国勢調査によると、18~34歳の米国人は米国人口の23%を占めるが、オンラインビデオの視聴(27%)、ソーシャルネットワーキング/ブログサイトへの訪問(27%)、タブレットの所有(33%)、スマートフォンの使用(39%)において、圧倒的な割合を占めている。コネクテッドデバイスを所有し、使用している彼らは、非常にユニークな消費者であり、マーケティング担当者やコンテンツプロバイダーにとって、課題であると同時にチャンスでもある。ジェネレーションCは新しい方法でエンゲージしており、マーケターが彼らにリーチするためのタッチポイントが増えている。

デジタル・コンシューマー

クリックで拡大

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける