02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

若者と10代がスマートフォン所有者の伸びを牽引

2 分で読めます |2012年9月号

2012年7月もスマートフォンの普及率は伸び続け、米国内の携帯電話加入者の55.5%がスマートフォンを所有している。これは、2011年7月のスマートフォン保有率が41%であったことと比較すると大幅な増加である。

全体的に、若年層が米国におけるスマートフォン所有の増加を牽引しており、25~34歳の74%がスマートフォンを所有し、2011年7月の59%から増加している。興味深いことに、13歳から17歳のティーンエイジャーがスマートフォンの普及において最も劇的な伸びを示しており、アメリカのティーンエイジャーの大多数(58%)がスマートフォンを所有している。

「ニールセンのアナリスト、ニコル・ヘンダーソン氏は、「ほとんどの年齢層で、スマートフォンは米国の携帯電話加入者の大半を占めているが、米国の10代はスマートフォンを最も早く導入した年齢層である。「10代のスマートフォン所有者の割合が増加するにつれ、携帯キャリアやメーカーは、この増加するグループに対するマーケティング方法を検討する必要がある。

スマートフォンの普及

スマートフォンの所有者と最近購入した人(最近3ヶ月以内に購入した人)の過半数がアンドロイドOSを使用しており、アンドロイド端末が引き続きスマートフォン市場をリードしている。アップルのiPhoneが僅差で続き、スマートフォン所有者の34%、最近入手した人の33%がiOS端末を選んでいる。BlackBerry端末は米国のスマートフォン市場で8%のシェアに減少し、最近入手した人のシェアはわずか3%であった。

方法論

ニールセンが米国の13歳以上の携帯電話加入者20,000人以上を対象に毎月行っている調査。携帯電話所有者には、米国の携帯電話加入者を人口統計学的に代表するようモデル化された、メーカーとモデル別に主要な携帯電話機を特定してもらう。

以前の記事には、18歳以上の成人のみを対象とした洞察が含まれているものもあり、今回のレポートと比較したり傾向を示したりすべきではない。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける