本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

ニールセンがRDAおよびEyeotaと提携し、広告のリーチ、マーケティング分析、キャンペーン・パフォーマンスにおいて大きな成功を収めた。

3分で読む|2023年10月

シドニー-2023年9月18日- 視聴者測定、データ、アナリティクスの世界的リーダーであるニールセンは本日、視聴者テクノロジーの専門家であるEyeotaおよび合成母集団モデラーのRDA Researchと提携し、オーストラリアの広告主やマーケティング担当者がCMV(Consumer and Media View)データセットにこれまでにない形でアクセスできるようになったと発表した。

この提携により、代理店や広告主は、金融、自動車、旅行、持続可能性など16の異なる業種にまたがる500以上のCMV視聴者セグメントをデジタルキャンペーンにシームレスに統合できるようになり、ターゲット視聴者のリーチを拡大すると同時に、その視聴者を商品やブランドによりマッチさせることができる。

ニールセン・パシフィックのマネージング・ディレクターであるモニーク・ペリーは、次のように述べている:「これは業界にとって素晴らしいパートナーシップであり、ブランドや広告主を適切なオーディエンスや顧客と適切なタイミングでマッチングさせる能力を強化するものです。

ニールセンCMVのような包括的で正確なデータセットにアクセスでき、デジタルキャンペーンに簡単に統合できることは、人を重視する代理店、広告主、マーケターにとって大きなメリットです。これは、リーチを拡大し、マーケティング分析を強化し、オムニチャネルのパフォーマンスを向上させるコラボレーションです。

RDAリサーチのテクニカルディレクター兼創設者であるロバート・ドメットは、「ユーザーは、ニールセンのCMVのおかげで、新たに500のオーディエンスが統合された当社の広範なセグメント群を通じて、シームレスにインサイトを活性化できるようになりました。合成母集団モデルを活用してニールセンの豊富なCMV消費者データを投影することで、このパートナーシップは比類のない精度で大規模なオーディエンスセグメントを提供します。

ダン・アンド・ブラッドストリート社傘下のアイオタのAPAC責任者であるトレント・ロイド氏は、このパートナーシップの意義を次のように強調した:「ニールセンおよびRDAと協力し、高品質な消費者データでオーディエンス市場を強化できることをうれしく思います。この提携により、マーケティング担当者は、自動車、金融、旅行など様々な分野のオムニチャネル・ターゲティングのためのスケーラブルでアドレス可能なオーディエンスにアクセスできるようになります。

ニールセン・コンシューマー&メディア・ビュー(CMV)は、毎年3万人以上のオーストラリア人を対象に、消費者の態度、ライフスタイル、カテゴリー行動、購買・購買意向、オフラインおよびオンラインのメディア習慣など、さまざまな情報を収集する常時稼働型の消費者調査である。

このパートナーシップのおかげで、CMVで得られる豊富な視聴者インサイトを、ターゲットを絞ったデジタル・マーケティング施策を通じて活性化できるようになった。

CMVのインサイトは、マーケティング担当者、プランナー、営業担当者が、適切な場所で、適切なタイミングで、適切な方法で、意図した視聴者を戦略的にターゲットにするのに役立ちます。 

ニールセンについて 

ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスにおけるグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。あらゆるチャネルやプラットフォームにおける人々とその行動を理解し、独立した実用的なインテリジェンスを提供することで、クライアントが現在そして将来にわたって視聴者とつながり、エンゲージできるよう支援しています。ニールセンは、世界55カ国以上で事業を展開しています。

詳しくはwww.nielsen.com 、ソーシャルメディア(Twitter、LinkedIn、Facebook、Instagram)で。 

ニールセンについて RDAリサーチ 

RDA Research はシドニーを拠点とする老舗の戦略的分析会社で、調査付加、データ強化、視聴者ターゲティング、市場プランニング のソリューションを支える合成母集団モデルの開発と応用を専門としています。

詳しくはwww.geotribes.com、Linkedinでつながろう。 

メディアお問い合わせ先

Dan Chapman
Assoc. Director, Communications, Nielsen APAC
dan.chapman@nielsen.com
+61 404 088 462