プレスリリース

女性の利用時間は男性の1.4倍   ニールセン、スマートフォンの利用者属性別のサービス利用状況を分析

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship,cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表の入ったリリースはこちら

女性の利用時間は男性の1.4倍

メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智 清訓)は、5月20日に提供を開始したスマートフォン視聴率情報Mobile NetView(モバイル・ネットビュー)の3月データの結果を発表しました。このデータをもとに、スマートフォンからのサービス利用状況(アプリ利用、及び、Webサイト訪問の合算)を性年代別で比較したところ、それぞれの属性での特徴が明らかになりました。

スマートフォンの属性別利用状況
● 女性の一人あたりの月間利用時間は47時間。男性の1.4倍。
● LINEは若年層及び余生の利用が中心
● 楽天市場は40代以上でリーチ(利用率)TOP3にランクイン
● アメブロは10代、20台で高いリーチ

まず、男女別で一人あたりの月間利用時間をみると、女性の利用時間は47時間、男性は34時間となり女性の利用時間が男性を13時間上回っていました。1日あたりで考えると(1ヶ月31日換算)平均で25分程度長く利用されていることになります。

次に、男女別でのサービス利用の内訳をみると、LINEと楽天市場の女性のリーチが男性よりも高く、特にLINEでは19ポイントと大きな差がありました。年代別では、全ての年代でGoogleが提供している検索、地図の2つのサービスの利用が上位になっています。スマートフォンを利用した検索、地図利用が幅広く定着していることがわかります。また、LINEは、10代、20代のリーチが高く、特に10代のリーチは90%と突出して利用されていることがわかりました。楽天市場は年代が上がるにつれ、各年代で利用されるサービスの中で順位があがっていきます。特に40代以上では3位となり、LINEよりも高いリーチとなっています。

また、特徴的だったのはブログサービスの利用です。10代ではアメブロが73%、livedoorブログが68%と2つのサービスで高いリーチとなっています。また20代でもアメブロが61%となっており、若年層に支持されているメディアとなっています。

弊社シニアアナリストの中村義哉は、「各サービスを利用者属性別にみると、それらがどの層によく利用されているかの濃淡がはっきりとしていました。女性が男性よりもスマートフォンのサービスを長く利用しており、1日に平均すると25分程長く使っていることがわかりました。サービス毎のリーチと合わせて考えると、コミュニケーションとショッピングにおいてこの差が生まれていると言えそうです。

LINEは若年層、および、女性が利用をけん引していました。また、メッセージングサービスやSNSに注目が集まる中、楽天市場のリーチは高く、年代が上がるにつれその存在感は大きくなっています。スマートフォンからのショッピングサービスの利用は注視しておくべきトレンドです。

長年PCからのWebサイトの利用動向を計測してきたニールセンは、スマートフォンは利用者の属性によって、その利用状況が大きく異なるスクリーンであると認識しています。それはスマートフォンがより生活に密着したツールであり、個人の嗜好が反映されやすいためです。スマートフォンでビジネスを展開する企業は、自社がターゲットとしている層がどのくらい該当サービスを利用しているのか、その利用状況を詳細に把握することが、今後マ―ケティングプランを策定する上でさらに重要になるでしょう。」と述べています。

Mobile NetViewについて
Mobile NetViewは日本全国の4000名(iOS、Android各2000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。

データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。

サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html

サービスのご利用に関するお問い合わせは下記にて承ります。

二―ルセン株式会社 セールス&アナリティクス
電話 03-4363-4201 
e-mail: jpw_ClientServices@nielsen.com  

###

【ニールセン株式会社 会社概要】
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立: 1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
      代表取締役社長兼COO 武智 清訓
主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
スマートフォン・メディア利用実態調査レポート など

広告分析ソリューション
オンライン広告統計データ   Nielsen AdRelevance、Nielsen AdRelevance EXpenditure
広告効果分析サービス Ad Effectiveness など

###

本件に関するお問い合わせ先:
ニールセン株式会社 広報担当 西村総一郎
電話:(03)4363-4200 
e-mail: jpw_press@nielsen.com