本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

北京オリンピック、過去最大の視聴者数を記録

1分で読めるシリーズ|2008年9月

2008年の北京オリンピックは、史上最大の視聴者数を記録しました。 

ニールセンによると、8月8日から8月24日の間に、世界人口の70%に当たる47億人の視聴者が大会を視聴しました。 2004年のアテネ大会は39億人、2000年のシドニー大会は36億人がテレビで観戦しました。 

ニールセンの報告によると、開催国の中国は、中国の視聴者の94%がオリンピックのテレビ放送にチャンネルを合わせており、視聴をリードしています。 人口が少ない韓国も94%の視聴率を記録しました。 メキシコがこれに続き、同国の全視聴者の93%がオリンピックのテレビ中継を視聴しています。

米国では、夏季大会は史上最も視聴されたテレビイベントとして位置づけられ、総視聴者数は2億1100万人、1日平均視聴者数は2700万人でした。

プレスリリースの全文を見る

ニールセンの調査結果については、The Hollywood ReporterMultichannel NewsThe Huffington PostBloombergの記事をご覧ください。