02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

Bienvenido, Español 企業ウェブサイトにスペイン語を追加

2分で読む|2008年9月

2020年までに、米国住民の5人に1人がヒスパニック系またはラテン系になると予想されています。 しかし、スペイン語を話すアメリカ人の家庭が増加しているにもかかわらず、ほとんどの米国企業のカスタマーサービスやマーケティングのウェブサイトは英語のみのままであると、ニールセン・オンラインのエグゼクティブ・バイスプレジデント、ピート・ブラックショーは最新の Ad Ageコラムで指摘しています。

スペイン語のオンラインコンテンツが不足しているため、多くのヒスパニック系住民がオンライン消費者の議論から取り残されている、とブラックショーは主張する。

「ブランドのウェブサイトやミニサイト、フェイスブックのブランドページを調査してみると、スペイン語コンテンツが(意図的かどうかは別として)驚くほど存在しないか、疎外されていることに驚かされるでしょう。 「ヒスパニック系やラテン系が購買層や新興購買層を占めているブランドでさえ、スペイン語のコンテンツが少ない、あるいは存在しないのはなぜでしょう。

ブラックショー氏によれば、スペイン語での広告とフィードバックは、スペイン語を話す消費者をオンラインに取り込むための2つの方法であるという。 

そのアドバイスは現実的だが、ブラックショーによれば、真の目標はもっと大きなものだという。

「最も重要なことは、ロイヤリティやアドボカシーを促進する機会のあるすべての消費者を尊重することです」と彼は書いている。 「しかし、その可能性は非常に大きい。

ピート・ブラックショーのAd Age連載コラム9月号をお読みください。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。