本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国では、SMSテキストメッセージングが携帯電話通話を上回っています。

2分で読めるシリーズ|2008年9月

Nielsen Mobileが月曜日に発表した調査によると、米国の典型的な携帯電話加入者は、電話よりもSMSのテキストメッセージの送受信が多いことがわかりました。 

2008 年第 2 四半期、米国の一般的な携帯電話加入者は毎月 204 件の電話をかけ、または受信しました。 一方、平均的な携帯電話利用者が送受信したテキストメッセージは月間357通で、2006年同期と比べ450%増加しました。

時間帯平均台数

毎月の通話料*。

平均台数

毎月のテキストメッセージ*。

2006年3月期第1四半期19865
2006年3月期第2四半期21679
2006年第3四半期22185
2006年3月期第4四半期213108
2007年3月期第1四半期208129
2007年3月期第2四半期228172
2007年第3四半期226193
2007年3月期第4四半期213218
2008年3月期 第1四半期207288
2008年3月期第2四半期204357
出典ニールセン・カンパニー(2006年1月1日~2008年6月30日)
*注:データは米国の無線契約者のみを対象としています。

2008年第2四半期、米国の10代(13歳~17歳)のテキストメッセージ利用率は最も高く、月平均1,742通のテキストメッセージを送受信しています。 一方、同時期に10代の若者が利用した携帯電話の通話回数は、月平均231回でした。

年齢層平均台数

毎月の通話料*。

平均台数

毎月のテキストメッセージ*。

すべての加入者204357
12歳以下137428
対象年齢13歳〜17歳2311,742
18歳~24歳265790
25歳~34歳239331
35歳~44歳223236
45歳~54歳193128
55歳~64歳14538
65歳以上9914
出典ニールセン・カンパニー(2006年1月1日~2008年6月30日)
*注:データは米国の無線契約者のみを対象としています。

Nielsenは、AT&T、Sprint Nextel、T-Mobile、Verizon Wirelessの4大キャリアにおいて、5万を超える個人負担のある米国の後払い携帯電話回線のオプトインパネルを通じて、課金活動を追跡しています。

ニールセンについて 米国におけるテキストメッセージのトレンドについては、ニールセンのオンラインニュースレター「Consumerインサイト」11月号で詳しくご紹介しています。

Nielsenの調査結果は、The New York TimesWiredSt. Louis Post-DispatchCellular-news.comGearlog、およびCNET.comでご覧いただけます。