本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセンIAG、最も好かれたテレビ広告と最もリコールされたテレビ広告をランキングで発表

1分で読めるシリーズ|2008年7月

タコ・ベルの「フリュースタ・フリーズ」スポットは、巨大なカメがしゃべるというもので、ニールセンIAGが発表した「最も好まれている新テレビ広告10選」のトップに輝いた。 アドバタイジング・エイジ 水曜日に 

Ad Ageのリストでは、2008年5月19日から6月15日までの4週間で、最もリコールされた広告10本もランキングされている。 サインバルタの "Where does depression hurt; Who does depression hurt? "という広告がトップだった。

ニールセンIAGは、テレビ番組、全国CM、プロダクト・プレースメントに対する消費者のエンゲージメントを測定する。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける