02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセンIAGは、最も好まれ、最も想起されたテレビ広告をランク付けします

1分で読む|2008年7月

巨大な喋る亀が登場するタコベルの「フルイスタ・フリーズ」スポットは、ニールセンIAGの「最も好まれた新しいテレビ広告10本」のトップにランクインしました。 アドバタイジング・エイジ 水曜日に。 

また、2008年5月19日から6月15日までの4週間で最も想起された広告10件も掲載されています。 シンバルタの「うつ病はどこが痛いのか。うつ病は誰を傷つけるのか」という広告が、そのリストのトップにランクインしました。

ニールセンIAG は、テレビ番組、全国的なコマーシャル、プロダクトプレースメントに対する消費者のエンゲージメントを測定しています。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。