02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

広告は映画の良し悪しを決める

1分で読む|2009年6月

2008年のアカデミー賞作品賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』は、夏の超大作ではなかった。 同部門の他のノミネート作も同様だ。 しかし、これらの作品にはいくつかの共通点がある。第4四半期に集中して下半期に主に宣伝され、11月と12月に公開されたことだ。 ニールセンの最近のレビューによれば、夏の大作が大きな注目を集める一方で、映画芸術科学アカデミーに評価されるのは、1年の後半に公開され、宣伝される傾向にある映画なのだ。

 

過去5年間の作品賞受賞作を振り返ってみると、第4四半期以外に公開された作品は、2005年に受賞した『クラッシュ』1本のみである(5月初旬公開)。 5月から8月までの広告宣伝費に基づく2008年の上位10作品には、他部門でノミネートされた4作品が含まれている。 この期間に3,800万ドル以上の広告費を投じて3位にランクインした『Wall-E』は、6部門でノミネートされ、6,310万ドルの興行収入を記録した。

 

続きを読むニールセンについて 広告がいかに映画の良し悪しを決めるかは、コンシューマー誌の最新号 インサイト に掲載されている。

類似の洞察を閲覧し続ける