02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

オンライン広告の活用法

1 分で読めます |2009年4月号

2008年のブランド広告予算は打撃を受け、2007年と比較して2.6%減少した。ほとんどのメディアが苦境に立たされる中、広告費が9.6%増加したヒスパニック系ケーブルテレビと、7.8%増加したケーブルテレビの2つが明るい話題となった。 しかし、オンライン広告はどうなったのだろうか?

広告主やウェブサイトが直面する最大の課題は、希少な広告費を奪い合うサイトの多さであろう。 残念なことに、ブランド・ロイヤルティ、シェア・オブ・マインド、ユニット・セールスを構築しようとする広告主にとって、オンラインの世界での指針となるような単一の公式や戦略は存在しない。

とはいえ、オンライン・メディアには、まだまだ未開拓の可能性がある。 フォーチュン1,000社のおよそ57%が、過去3年間の少なくとも半分の四半期でオンライン広告を出した。 フォーチュン1,000社の20パーセントは32以上のウェブサイトに広告費を配分し、さらに20パーセントは8-31のアウトレットに広告を出している。

多くの企業が成功を収めている:ConAgra、エクソンモービル、クロロックス、シスコシステムズ、フットロッカー、バーンズ&ノーブルはそれぞれ、2008年第4四半期に数百万のオンライン・インプレッションを購入し、デジタル広告費の90%以上をひとつのウェブサイトに集中させることで、最大限の利益を得ている。 ウェブサイトでは、ESPN.comが最近サイト全体を一新し、使いやすいストリーミング・ビデオと広告を前面に押し出した。その結果、1ページあたり45秒、1,950万人の視聴者が訪れ、広告の29%が非標準フォーマットを利用している。

ニールセンの4ポイントプランを含む効果的なオンライン広告戦略の展開方法については、最新号のConsumerインサイト

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。