本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

レポート ソーシャルメディアと動画サイトのエンゲージメントがウェブを再構築する

1分で読めるシリーズ|2009年4月

ニールセン・カンパニーが本日発表したオンライン状況に関する新しいレポートによると、インターネットユーザーによるオンラインへの関与が深まっていることが明らかになりました。このエンゲージメントの増加は、ビデオコンテンツとソーシャルネットワーキングが人気のあるオンラインサブカテゴリーに移行したことが一因となっています。

Nielsen Online CEOのJohn Burbankが、このレポートがもたらす経済と広告の影響について考察します。

本レポートのハイライトは以下の通りです。

  • オンラインビデオを頻繁に利用する米国のユーザー数は、2003年以来339%増加しています。
  • 動画サイトの利用時間は、同期間に約2,000%も増加しました。
  • 昨年だけでも、オンラインビデオのユニーク視聴者数は 10%、ストリーム数は 41%、ユーザーあたりのストリーム数は 27%、オンラインビデオに関与した総時間は 71% 増加しています。
  • 2003年に比べ、ソーシャルメディアの利用者は87%増加し、その利用時間も883%増加しています。
  • 昨年だけで、ソーシャルネットワーキングサイトの利用時間は73%急増しました。
  • 2月には、ソーシャルネットワークの利用率が、初めてウェブメール利用率を上回りました。

報告書の全文を読む

プレスリリースの全文をダウンロードする